辛くなる前に対処を!女性必見な「モラハラ」対策方法

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 差別・ハラスメント

「モラハラ」とは「モラルハラスメント」の略で、ある人を常に馬鹿にしたり、認めないないことで相手を精神的に傷つけたり、不安にさせて洗脳し支配してしまうという精神的DVの事です。 もしあなたがそんな辛いモラハラを体験したら…今回はその対処法について考えてみました。

対策1.表面的な付き合いをこころがける

モラハラを行う人は、チャンスがあればあなたを攻撃してきたり、何を言っても否定する言葉を投げつけてきたりと、あなたを傷つけようとしてきます。 そのため極力接する時間は少なくするようにし、話題も仕事のことだけにするなど最小限の関わりだけにしましょう。

対策2.目上の人、相手が恐れている人を巻き込む

モラハラを行う人は誰にでも行うわけではなく、自分より目上の人や恐れている人には自分の身を守るため、決して攻撃的になったりしません。 それを利用して、「○○さんから依頼されたので」とモラハラ加害者が嫌がる人の名前を出してみたり、その人の前では強く出られないであろう人と一緒にいるときに行動する、というのも一の方法です。

対策3.自覚してもらう

中には自分がモラハラを行っていると気づいていない人もいます。そのような人の場合は、チェックリストなどを使って自覚を持ってもらうことも大事です。 いきなり責める形になると、相手は怒られたという表面的なことしか残らず、あなたへの攻撃が増す場合があるのでよく注意しましょう。

対策4.逃げる

最終的にどうしても問題が解決しない場合は、モラハラが起きている現場や状況から逃げるのも必要な方法です。 我慢して鬱になってしまったり、PTSDになってしまったりというモラハラ被害者も少なくありません。被害が深刻になる前の対策が必要です。
いかがでしたか?できればモラハラなどない生活を送りたいものですが、最近はいつ自分がターゲットになってしまってもおかしくない時代。 自分を守るためにもしっかり対策をとれるようにしておきたいですね。

関連した記事

父親からのモラハラの特徴とは?対策と解決方法

父親から過度なしつけをされて、「モラハラ」ではない...

2019年07月19日, 差別・ハラスメント

生まれた子供の性別に文句?!義父のセクハラパターンと対処法

「義父」が舅なのか義理の親なのかでずいぶん深刻さが...

2019年07月19日, 差別・ハラスメント

はっきりと意思表示を!先生からセクハラを受けた時の対処法8選

近年問題視されているのが、学校でのセクハラです。優...

2019年07月19日, 差別・ハラスメント