もう騙されない!性格が悪い女を見抜く方法7選

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

愛想がよくて誰ともにこやかに話ができる女が、実は陰で人の悪口をいいふらすような性格の悪い女だったという話はよく聞きます。

そんな性悪女をを見抜く方法について探ってみました。

何となくイヤな感じがする

具体的に何が嫌だというわけではないけれど、何となくイヤな感じがするということはあります。感じが悪いという印象は、不思議と心に残るものです。

人柄は顔に、理性は声に、うそは目つきに、といった具合に、全身から放たれるオーラのせいかもしれません。

この直感はあながち間違っていないものです。

マイナスな言葉が多い

言葉に宿る霊的な力である言霊。いいことをいうと、いいことが起こり、悪いことをいうと悪いことが起こる、という日本の昔からある言葉です。

本人が意識するしないに関わらず、日常生活で愚痴や悪口のようにマイナスな言葉が多いと、性格も悪い方向にいってしまいがちです。

人の愚痴や悪口だけではなく自分を卑下する言葉が多い時も、気持ちが暗く、妬みが強くなるなど悪い性格になりがちなので注意しましょう。

つくり笑いや苦笑が多い

いい笑顔を一時的にはつくれても、笑顔の後にあまりいい印象をもてないことはよくあります。

笑顔の後の表情で、本物の笑顔だったかどうかが判断できるはずです。

人によって態度を変える

性別や相手の年齢、また好き嫌いによって、極端に態度を変える女は間違いなく性悪女です。

人によって態度が変わったままの人は注意が必要です。

自慢話が多い

自慢話ばかりするのは、よく思われないことが多いです。もちろんすべての人が自己顕示欲を持っていますが、その欲望をどれだけコントロールできるかで性格のいい悪いが決まることも少なくないでしょう。

SNSで自慢ばかりしていることもあまり良く思われません。

共感したフリをする

相手が共感しないなら、こちらも関心がないんだと思ってあきらめますが、一番性格が悪いのは共感したフリをすることです。

話を聞いて、さも関心がありそうになぐさめてくれたり、一緒に喜んでくれているのだと思いきや、心の中では全然違ったという場面にあうと、騙された側は本当に傷つきます。

そういうことを平気でしてしまうのは、性格が悪い女です。

信頼できない

人間関係でも「この人は信頼できる」という信頼関係を築ければ、ある程度のことには目をつぶれます。

遅刻はする、約束は守らない、人のせいにするなど自己中心的な言動があれば、信頼感は全く得られません。

信頼できないと感じたら、性格が悪い女の場合が多いです。

まとめ

他にも、「いかにも性格が悪そうな顔をしている」という表現もあります。

マイナス要素が少しずつ増えていって蓄積されていくと、性格が悪そうな顔つきになっていくのでしょう。

しかし、やっかいなのは顔にでない性格の悪さです。見かけにだまされずに、性格の悪い危険な女をしっかり見抜きましょう。

関連した記事

友達にストレスを感じる原因と対処法3選:心地よい距離感を保とう!

友達なのに一緒にいるとなぜかストレスがたまる、誰も...

2019年07月19日, 人間関係

崖っぷち?アラフォー貧困女子の特徴と実態

みなさんは「アラフォー貧困女子」という言葉を知って...

2019年07月19日, 人間関係

隣人トラブル回避術:過度に我慢しちゃダメ!

近隣トラブルで多い内容は、騒音やゴミ出しと言われて...

2019年07月19日, 人間関係