嫌われてしまう前に!LINEの返信時にやってはいけないタブー

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

コミュニケーションアプリとして、LINEはすっかり手放せないものになってしまった方も多いのではないでしょうか?

しかし、実は手軽に返信ができるために、やってはいけない返信方法というのもあります。今回は、LINEで返信するときにやってはいけないタブーについてご紹介したいと思います。

既読無視

これはLINEが普及し始めた時から言われていることなので、いまさら説明することもありませんね。あなたがメッセージを既読にしたら、なるべく早めに返信をしないと、読んだのに無視していると思われるので、相手への印象は悪くなります。

もし返信がすぐにできないのなら、ポップアップ機能でメッセージ内容を確認をするだけにして、既読状態にはしないようにしましょう。

個人的なやりとりをみせつける

LINEは個人のメッセージだけではなく、仲の良い友達などでグループを作ってやりとりをするグループトークというものがあります。

グループだからこそ色々楽しい使い方があると思いますが、自分達全体と関係のないやりとりや、個人的に二人でLINEすればいい内容をグループトークで続けられると、他の人たちは嫌な気分になってしまいます。

自分には関係の無いトークなのに、スマホ画面に通知が来るのはうっとうしくなってしまいますね。もし個人への返信が長くなりそうだと思ったら、早めに1対1のやりとりに切り替えましょう。

やたらとスタンプを使う

スタンプは、種類も多く、返事としてお手軽なので、ついつい押したくなってしまいますよね。しかし、真剣な話をしているときには、絶対に押してはいけません。

スタンプを送ることによって、この人は話を真面目に聞いていないと思われてしまいます。

また、乱用するのも注意が必要です。スタンプばかりの返信だと、この人は返信をめんどくさがっていると思われてしまいます。相手の文章や流れなどから、使うタイミングを見極めましょう。

おわりに

いかがでしたか?現在ではほとんどの人がコミュニケーションツールとして利用しているLINEですが、気軽に使えるからこそ、そこには様々なタブーが存在しています。

相手との中を親密にしようと始めたものなのに、逆に仲が悪くなる原因になってしまったということにはなりたくありませんよね。ぜひ今回のことを心に留めておいてください。

関連した記事

友人関係の悩みの原因と対処法:中学・高校・大学に行きたくない

友人関係の悩みはいくつになってもあります。子供の時...

2019年07月19日, 人間関係

成人式の二次会!服装選びの注意点まとめ

成人式のあとは、ホテルやイベント会場を貸し切って二...

2019年07月19日, 人間関係

要点は簡潔に!教授宛に研究室訪問のアポイントメールを送る時の注意点

大学の教授宛であろうと、ビジネスメールであろうと、...

2019年07月19日, 人間関係