何かと心強い存在!保育園でママ友を作るポイント7つ

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , ママ友

保育園でのママ友はどうやって作ったらいいの?と悩まれている方は多いのではないでしょうか。

保育園へ通わせる働くママ達は、子どもを送った後は即仕事へ直行し、お迎えの時間も様々です。 休日は家族と過ごす人も多いでしょう。

どこでママ友同士の接点をつかんだらいいの? そもそもママ友って必要? と思うこともあるでしょう。

ママ友は、同じ働くママ同士ならではの悩みを話し合ったり、保育園の行事に関して相談しあったり、いざという時には心強い存在です。

ここでは、保育園でママ友を作るポイントを紹介します。

1.親しい子どものママ同士、近づいてみましょう

お子さんが園でよく遊んでいる友だちを知りましょう。

多くはお子さんの口からよく遊んでいる友達の名前が出るものですが、分からない時は、それとなく園の先生に聞いてみてもいいかもしれません。

「うちの子、友だちと仲良く遊べています? 特に仲良しのお子さんっているんでしょうか?」という風に。

仲良しの子供のママに、送迎時に会えればラッキーですが、そうでない時は、行事などで会った際に「いつも仲良くしてもらっているみたいでありがとうございます」というように、まず自分から声をかけてみましょう。

2.送り迎えの時間によく会うママに声をかける

送り迎えの時間が似ているという事は、生活サイクルも近いかもしれません。

「今から帰って食事の準備大変ですよね~」など、お互いの生活をねぎらう気軽な調子で、子どもの帰り支度を待つわずかな時間でもいいので話しかけてみましょう。

3.数回話しかけたあと、相手の様子をみる

上記二つのように、まずは自分から話してみて、相手ママの反応を見てみましょう。

ママ友を作るには、自分から種を蒔きましょう。蒔かない種は実りません。

そして、種を蒔いた後は、1回だけでなく数回話しかけてみて、相手の反応をみることも大事ですね。

当たり障りのない会話で対応し、特に関心がない人か、こちらに関心を持ってくれている人かが分かります。

4.勇気を出して誘ってみる

思い切って話しかけ、その後も会うたびに会話が弾むようならば、今度は誘いの第一歩です。

断られるのを恐れず、軽~い気持ちで「今度、一緒に帰りに公園で子供を遊ばせません?」といったさりげないお誘いをしてみるのです。

また、イベントを紹介するのも一つの手ですね。

「うちは行こうと思っていますけど、面白そうなのでご紹介しますね。興味あったらどうぞ」なんて感じで、さりげなく誘うのがポイントです。

いきなり「一緒に行きません?」の誘い方は、相手の都合もあるでしょうし、構えてしまうので、タイミングよくイベントで会えたら、その時の状況で近づくなり、別行動なりして様子をみてください。

イベントは別行動でも、園であった時に、話が膨らみますね。

5.ママ友作りは焦らないことが大事

ママ友欲しさに、慌てて判断を間違え、自分とはタイプの違うママと親しくなってしまうと、今度はお付き合いが苦痛になってきてしまいます。

ですので、焦りは禁物。

気の合うママは必ずいると思います。

まずは話しかけてみて、反応を見ながら、気が合うかゆっくり見定めることも大切です。

気の合うママ友に出会えれば、卒園してバラバラになったとしても、これからも続く子育ての話題で心強い仲間として、成長し合えます。

タイミング良く一度や二度、一緒に子どもを遊ばせたからといって、ちょっとタイプが違うと感じれば、日々の送迎時は愛想良く、でも深くは関わらなければいいのです。

そこが保育園のよいところで、お互いに仕事をしていますので、無理をしてまでお付き合いをする関係は、作る時間の余裕もありません。

タイプの合うママなら、それも自然に時間を合わそうとしてくるものです。

6.思い切って園の役員を引き受ける

園の役員はなりたがらない人が多いです。

入園式や園の説明会の時など役員決めの際、勇気を振り絞って役員に立候補してみましょう。

園の活動を補助するので、時間は割かれますが、ママたちと話す機会は断然増えます。 情報交換の場にもなり、普段の何気ない質問にも答えてもらいやすい環境です。

数人が中心となって役員を進めていくことが多いでしょうから、その中で、気の合うママに出会えることもあるかもしれません。

7.無理をするくらいなら、ママ友を作らないのも一つの手

今は、ラインやメールなど、あらゆる連絡手段があり、それを使いこなすのも大変です。

それも仕事、育児、家事との両立ですから時間の制約があります。

その上、気の合うママからのラインやメールなら励みになりますが、「お付き合い」程度のママ友ライン交換は、時間が重なる程、負担になってきます。

貴重な自宅での時間と過ごし方です。 ほとんどのママは仕事があり、忙しくしています。

負担になるというくらいの関係なら、ママ友はいなくてもよいのではないでしょうか?

今無理をしてママ友を作らなくても、保育園、小学校や習い事などと進むにつれ、気の合うママは必ずできます。

焦らず、自分のペースで信頼できるママ友を作っていきましょう。

関連した記事

目立ってはダメ?! ママ友ランチを切り抜ける7つのポイント

多くの主婦たちの間で悩みの種になっているのがママ友...

2019年07月19日, ママ友

羨ましいと思う時も・・・ママ友間の格差を感じる瞬間8つ

子育て中の芸能人が雑誌やブログなどでセレブな生活を...

2019年07月19日, ママ友

ママ友ってどこで探すべき?気の合うママ友の上手な探し方7つ

気の合うママ友がほしい!と思うのは悩みが多いママに...

2019年07月19日, ママ友