空気が読めない人にありがちなこと10選:今それ言う!?

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 性格・タイプ

複数人で会話している時、あなたはちゃんと相手の話を聞いているでしょうか。

自分の話ばかりをする人は空気が読めない人というレッテルを貼られ、周りから煙たがられることでしょう。

空気の読めない人は周りの雰囲気を壊してしまいます。まとまっていた話も、その人のせいでまた一から説明しないといけない場合があります。

あなたの身近にいるかもしれない、あなた自身かもしれない。空気が読めない人の特徴をまとめてみました。

空気が読めない人の特徴

空気が読めない人とは、いったいどのような人のことを指すのでしょうか。

一概に空気が読めないといっても、様々な種類の空気が読めてない人がいます。

周りの空気が読めない人はどのタイプか、またあなた自身が当てはまっていないか、照らし合わせて確認してみてください。では、空気が読めない人の特徴を紹介していきます。

1.思ったことをすぐに口にする

空気が読めない人は、なんでもかんでも考える前に言葉にする傾向があります。なんでこの場で言うの、と周りの人を驚かせてしまうこともしばしば。

さらに声が大きいということもあり、発言が目立ってしまうことも多いです。しかし、皆が遠慮して言えないことをズバッとできるのもこのタイプなので助かる時もあります。

2.好き嫌いがはっきりしている

自分の好き嫌いがはっきりしているので、強気な主張をしがち。そんなひとは、状況や相手を選んで発言をすることが難しく、空気が読めないことが多いです。

やんわりとした姿勢で物事に向かえず、話しや行動が暴走してしまうこともあるよう。

恋愛も同じで、喧嘩になったり、少し険悪なムードになったりすると思わず感情的になってしまうこともあるかもしれません。

また、好きな人ができると、一途に恋をつらぬきますが、何らかの理由で嫌いになってしまうと、すっぱり関係を切ってしまう事が多いようです。

3.視野が狭い

空気を読めない人は、物理的にも心理的にも周りが見えていません。

自分のことで精いっぱいで周囲に気を配る余裕がないのです。人の話をあまり聞けないのも、これが原因といえます。おかまいなしに、自分の話を延々としてしまいがちです。

直接視野が狭いと攻めるのは逆効果なので、遠回しに伝えてあげるか、自分で気がつくのを待ちましょう。

4.女性に嫌われるタイプが多い

空気が読めない人は、女性に嫌われるタイプが多いようです。

女性が気にしている体型や服などを堂々と指摘したり、性格などを批判したりと、こんなことを言ったら相手が傷つくと想像できないため、思ったことを口に出してしまいます。

本人としては、よかれと思って言っているつもりですが、聞かされた人は不愉快に感じることが多いでしょう。

空気が読めない人は、いつの間にか孤立してしまう場合があります。

5.意見を全く聞かない

よく言えば自分を貫いている、悪く言えば頑固というのが空気が読めない人の特徴です。

自分の意見が絶対的に正しいと思っているため、まわりの意見を聞こうとしないケースがよくあります。

これが新入社員ならば、指導したり、注意をすることができますが、上司や先輩ならば困ってしまいます。

もっと上の人物に言ってもらうか、やんわりと諭してあげると良いでしょう。

6.自分が世界の中心

空気が読めない人は、自分の中のルールで生活しているので、世間の常識やグループ内の雰囲気を考慮せずに行動する傾向があります。

みんなで決めたルールを独自の理論で破ってしまい勝手な行動をとったり、単独行動に走りやすいのでよく協調性が無いと思われてしまいます。

空気が読めない人が同じグループに居るときの対処法は、はじめからその人の性格を考えて物事を進めるようにすることです。

空気の読める人が、読めない人の分までその場をまとめていく方がうまくいくでしょう。

7.恋人にすると苦労する

自分を貫いている空気が読めない人に魅力を感じ恋人にしてしまうと、付き合いが大変になってしまいます。

まわりの意見を聞かないため、振り回されるのは恋人の方です。初めは魅力的に感じていた事でも、つきあいが長くなると疲れてしまうかもしれません。

まして、結婚を考えると一生この人につき合わないといけないのかと躊躇してしまうこともあるようです。

空気が読めない人を恋人にするときは、おおらかな気持ちを持って付き合うか、諦めてとことん好きなことをさせるような覚悟が必要かもしれません。

8.注意力が散漫

あっちに行きこっちに行きと、非常に注意力が散漫なのが特徴です。

「落ち着きがないね」「集中してる?」と頻繁に声をかけられたことはありませんか。また、注意力が散漫だと思うような人は周りにいませんでしょうか。

自分の気になるものがあると一気にそっちの方へいってしまい、他の話は全く聞かず、空気が読めないのです。

あらゆることに関心があるのは時として長所にもつながりますが、度がすぎると周りに迷惑をかけてしまうことも。

注意力の散漫な人は、途中でやりかけのことを忘れてしまう事もあり、周りの人からは非難されやすい特徴があります。

9.自分に甘いが他人には厳しい

自分のことを一番わかっていないのが空気の読めない本人というもの。そういった類の人たちは、短所を認めたがらないのが特徴です。

自分のしたことには甘いのですが、他人が同じようなことをしたら許せません。謎のプライドが邪魔をするのか分かりませんが、小難しい性格です。

自分のことは棚に上げてバシバシと人のことは指摘してきます。許容範囲が狭い人と言っても良いかもしれません。

10.協調性がない

義務教育の段階で、協調性を持って行動しようなどと掲げられ生きてきた日本人なら、自ずと協調性があるはずですが、協調性がない人にはそうした社会の常識が通用しません。

なぜなら、自分のとった行動や言動で、周りの人が振り回されていることにも気付かないので、協調性が取れません。

会社や学校などの大勢いる中、空気が読めない人が一人でもいるだけで、空気が乱されてしまいます。

これらのタイプには悪意がなくても振り回されてしまうことがあるので、自分が疲れてしまう前に距離を置くなどして注意しましょう。

関連した記事

最低な女の特徴7つ:男性が出会った最低な女のエピソードも紹介!

あなたの周りには、「こいつは最低な女だ」と思う女性...

2019年07月19日, 性格・タイプ

いつも鏡見過ぎ!「自意識過剰な女」と言われる人の特徴8選

自分に自信を持つということは素晴らしいことですが、...

2019年07月19日, 性格・タイプ

不潔な人の特徴6つ:周囲の人に迷惑がかかる

どんなにイケメンでも、受け入れがたいのが不潔な人。...

2019年07月19日, 性格・タイプ