私を認めて認めて!承認欲求が強すぎる人がやってしまいがちなこと

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

「承認欲求」って聞いたことありますか?

文字通り「人に認められたい」ということなのですが、人によって欲求度はまちまち。

誰しもが認められたいという気持ちはあっても、それが強すぎると周りが疲れてしまうかも。

今回はそんな人がやってしまいがちな言動をピックアップ。あなたはいくつ当てはまる?

1.言う事やることが露骨

人に認められるためには、まず注目を集めなければなりません。

そのために、何をするにしても大げさなリアクションをとってしまいがち。

たとえば、誰かをほめるシチュエーション。

ほめること自体はとても良いのですが、このタイプの一番の目的は「誰かを褒めることができる自分」を周りに見てもらうことなのです。

これでは、褒められている相手だって、素直に喜べませんよね。

認められたいがためにやっているのに、実際は引かれてしまうことが多いようです。

2.一方的に自分の話をする

自分の栄光や武勇伝など、自分が成した偉業をやたらと人に話したがります。

これも人に認めてもらいたいがゆえの行動。

残念ながらそれは、頑張りましたアピールとしか受け取ってもらえず、周りからの支持を集めることにはつながりません。

自分はここで頑張った、凄かったと言われても、自慢話にしか聞こえないですものね?

本人に悪気がなくても、なかなかそれを理解してもらえないのがつらいところです。

3.人が褒められるのはイヤ!

承認欲求の強い人は自分が一番でありたいので、自分よりできる人に脅威を覚えます。

そのため、その人のあら探しをする傾向が。悪口を言ってしまうことも多々あります。

とにかく自分と比較をしてしまい、自分ではない人が褒められることが気に入らないのです。

言うならば、強烈な嫉妬。

みんなから必要とされたいだけなのに、こうした行動が原因で自分の評価を落としてしまうことが多いみたいです。

4.自己顕示欲

承認欲求の強い人は、同時に強い自己顕示欲の持ち主だったりします。

とにかく褒められることが生き甲斐!気づいてもらえないなら自分から言います。

褒めてもらうにはまず自分の存在を盛大にアピールしなければ、と頑張ってしまうのでしょうね。

SNSが主流となった現代では、このタイプにとっては、自己アピールするためのツールです。

「ママ見てーこれ書いた!」と褒めてほしくて寄ってくる小さな子供がそのまま大人になってしまったような感覚です。

5.同意をほしがる

「自分はこうだと思う」ということに周りが賛成してくれないと満足しません。

自分の意見を持つことはいいのですが、同意を求めてしまうのがこのタイプ。

ですから、反対・拒絶するような発言はNG。

話し相手もものすごく気を使うので、疲れてしまい、離れていってしまうことも多いようです。

6.いろいろ空回りしやすい

承認欲求が強い人は、それに見合うぐらいの努力はしています。

認められたいからこそ頑張り屋ですし、根から悪い人ではありません。

他人からではなく、自分で自分を認められるようになるといいですね。


関連した記事

変な癖をなおす5つのコツ:代わりの習慣を見つけて断ち切ろう

自分では無意識のうちにやっていても、他人から見たら...

2019年07月19日, 人間関係

忘年会の幹事を頼まれた時にするべきこと:やることリストをつくっておこう

忘年会の幹事という大役に任ぜられた時、どのようなこ...

2019年07月19日, 人間関係

友達関係が微妙に…ネット上での人付き合いで起こるトラブル4選

ネット、いわゆるSNSは、今や大人から子供まで、コ...

2019年07月19日, 人間関係