はっきりと意思表示を!先生からセクハラを受けた時の対処法8選

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 差別・ハラスメント

近年問題視されているのが、学校でのセクハラです。優位な立場にある先生が生徒にセクハラをしたという事例がニュースでも度々報道されますが、セクハラを受けた学生は一生心に傷を負って生きていかなければなりません。 今回は万が一、先生からセクハラを受けた時の対処法を5つご紹介します。今セクハラで悩んでいる人はぜひチェックしてみてください。

両親に相談する

先生からのセクハラについては、今後のこともあり、なかなか言い出しにくいことかもしれません。 ですが、悩み続けているだけでは、問題解決に繋がらないので、まずは、両親に思い切って打ち明けてみましょう。 両親はあなたの味方です。あなたが傷ついているのを放置はできません。 もし、自身が事を大きくしたくないのであれば、穏便に進めてくれるでしょうし、何が何でも行為を止めさせて欲しいのであれば、盾となって解決へと導いてくれるはずです。 他の先生や教育委員会、外部に相談する前に、まずは両親に相談してみるようにしましょう。

自分でやめて欲しいと伝える

もし、あなたが不快な思いを感じ続けていて、相手からの嫌がらせも止まらないのであれば、それはセクハラです。 周りに相談するのも方法ですが、思い切って相手に自ら「やめて欲しい」と伝えることも一つの方法です。 当事者同士のやりとりとなるので、周りに広がることがありません。 もしかしたら、相手はその行為を悪気がなく続けていた可能性もありますので、本人から直接「やめて欲しい」と伝えられることによって、納得して行為をやめるケースもあります。 相手方も、関係のない人から指導されるよりも、直接言われたほうが素直に受け止めることがありますので、まずは、自ら声を上げるということを考えてみましょう。

自分で伝える練習をする

相手に自分の気持ちを上手く伝えるというのは、本当に難しいといえます。 下手に出れば、こちらの切実な思いが伝わらず、行為が止まらないかもしれませんし、感情的に伝えれば、必要以上に相手を責めてしまって、問題がこじれるケースもあります。 そのため、自分で相手に「やめて欲しい」と伝えようとしている人は、伝える練習をしておきましょう。 自分の考えを感情を交えずに上手く話すことが、問題解決の糸口となります。 練習のときにはあくまで感情を交え過ぎないことを心掛けてください。

記録を残しておく

先生からセクハラを受けたらとても怖くて、誰にも相談できないのではないでしょうか。しかし不安な気持ちを1人で抱え込んでいても事態は悪化するばかりです。 セクハラは1度成功してしまうと、何度も繰り返してしまう可能性があります。繰り返させない為にも、勇気を出して誰かに相談することが重要です。 その為には、「いつ・どんなセクハラを受けたのか」しっかりと記録を残しておきましょう。

相談窓口に連絡してみる

学校の先生に相談しづらい時には、電話での相談を受け付けてくれる窓口等を活用するようにしましょう。 ・24時間いじめ電話相談 054-254-6811 ・24時間全国いのちの電話 東京支部 03-3264-4343(その他都道府県のダイヤルはいのちの電話HPまで) 上記の相談窓口等では、悩み事を聞いてくれるだけでなく、解決方法などをアドバイスしてくれます。

意思表示をしてみる

黙って先生の言いなりになってしまえば、味をしめて何度も繰り返してしまう場合があります。そこでセクハラをされた時には、はっきりと意思表示をする事が大切です。 先生だからと言って臆することなく、嫌なことは嫌だという事を伝えましょう。それでも収まらない場合は、第三者に訴える事も必要です。

教育委員会に相談する

国公立の学校であれば、教育委員会に私立の場合であれば私学課に相談しましょう。 その際にはセクハラを受けた時の証拠物品があると、より事情を明確に把握することができます。こういった機関に相談をする時には、校長や当事者である先生に断固抗議していく旨を伝えることが良いでしょう。

他の先生に相談する

先生に自分の意思表示をしてみても、なおセクハラが続くようなら他の先生に相談してみましょう。セクハラの事実が公になると、その先生には何らかの処罰が下るはずです。 相談しづらい時には女性の先生に相談してみるのも良いですし、上の立場にいる先生に相談するのも良いでしょう。

関連した記事

モラハラをされてしまう人の特徴:気をつけるべき3点を紹介

モラハラとは、モラルハラスメントの略で、加害者が被...

2019年07月19日, 差別・ハラスメント

モラハラかどうかチェックする方法:すぐに実践できる対処法も

モラハラを受けている人のなかには、自分が受けている...

2019年07月19日, 差別・ハラスメント

辛くなる前に対処を!女性必見な「モラハラ」対策方法

「モラハラ」とは「モラルハラスメント」の略で、ある...

2019年07月19日, 差別・ハラスメント