マジで迷惑!飲み会で横行するセクハラを回避する方法5選

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 差別・ハラスメント

打ち上げや新年会、また新入生歓迎会など会社で行われる飲み会は、1年の間でもよく行われる事です。 日々のストレスをここぞとばかりに発散し疲れを癒すつもりが、飲み会で上司にセクハラをされた!なんていう話も聞きます。 今回はそんな飲み会で横行したセクハラやその回避方法をご紹介しましょう。

ボディタッチをしてくる

お酒の勢いでしているのか、それとも何も気にせずしているのか、飲み会の席で横に座った上司にされるセクハラの行為として最も多いのがボディタッチです。 そっと脚をなでてきたり、手を握ってきたり体を触れてくる上司がいます。そんな時には、何事もなかったかのようにそっと席を離れてトイレに行くふりをしたり、離れた友達にメールで助けを求めてみたり、あるいはやんわりと上司の手を引き離してみましょう。

トイレで待ち伏せ

自分がトイレで席を立った後に、上司が後ろからついてきて待ち伏せをしている場合があります。密室なので逃げ場もありませんし、助けを求めることもできません。 そのまま上司からキスをされたりする可能性が非常に高いので、トイレに行く際には同僚に一緒についてきてもらったりして対処をしましょう。

タクシーに相乗りする

飲み会が終わり帰宅をしようと、タクシーに乗りこんだ瞬間に上司が一緒に同乗してきたという事もあります。タクシーに自分と上司の2人っきりしかいない場合は、そのまま自分の家に押しかけてくるなどの可能性があり危険です。 そういった状況になってしまったら、コンビニや駅などの無難な場所で降ろしてもらい、自分の家に近づけさせないようにしましょう。

飲み会の後に、二人っきりで飲まないかと誘われる

飲み会が終わって、二次会に行こうか帰ろうかと悩んでいる時に、上司から「この後二人っきりで飲みに行かないか」と誘われる場合があります。 断りたいけど、なごやかな雰囲気で断りたい!そんな時には「今から彼氏(あるいは親など)に迎えに来てもらうので」と断りを入れましょう。

アーンをさせられる

上司も悪気あるわけではないのか、多くの社員がいる目の前でアーンをさせられることがあります。それがまた上司の箸でされたらひとたまりもないでしょう。 他の社員からの目もありますし、こんなことをされたら恥ずかしくて嫌なきもちになってしまいます。こんな時には、恥ずかしくて食べられませんと、可愛子ぶって断ると良いです。

お酒を強要される

普段の飲み会は断っているという人でも、新入社員の歓迎会や同僚の送別会などうしても断れない飲み会もあります。 そんな飲み会で、お酒を強要され酔ってしまい、介抱を装った上司にホテルに連れ込まれてしまう、ということになっては大変です。 危険を回避するためには、飲み会に参加しないことが一番なのですが、社会人たるものそうは言っていられません。 まずは自分が飲める酒量の限界を知ることが大事です。とはいえ体調によっては、大丈夫だと思っていた酒量で酔ってしまうこともあります。 そんなときのためにも、どうしても飲み会に参加しなくてはいけない場合、あらかじめ信頼できる同僚に、もしものときに助けてくれるようお願いしておきましょう。 信頼できる同僚がいないときは、飲み会のスタート時間から何分かたった頃(早めに時間)を見計らって、家族に電話をしてもらいましょう。その電話を、飲み会を切り上げるきっかけに利用します。 自分の身を守るため、ときには嘘をつくことも必要です。

プライベートな質問をされる

いつもはおとなしいのに、お酒がはいると自制心が働かなくなるのか、しつこくプライベートな質問をしてくる、そんな上司にはウンザリです。 ケイタイ番号やラインのIDを聞かれたり、身体のスリーサイズを聞かれたり、さらには、彼氏はいるのか、結婚しないのか、子供は産まないのかなど、大きなお世話だ!と感じるようなことを質問されることもあります。 そんなときは、思いっきり笑顔で、そして大きな声で「今の時代、そんなこと言ったらセクハラで訴えられちゃいますよ~」と言ってやりましょう。 最初は笑顔でうまく注意して、それでも変わらない場合は真剣な表情で「本当に訴えますよ」と伝えてください。

ひとりで悩まないで

飲み会で起こるセクハラと、その対処法を紹介しましたが、自分の身を守るためにも、ひとりで悩み過ぎないようにしましょう。 最近ではセクハラ窓口を設置している会社もありますし、労働組合がある会社なら、組合に相談するのもいいでしょう。 徹底抗戦で戦う覚悟があるのなら、弁護士に相談するという手もあります。 どの場合にしても、セクハラを受けた事実を証明するための証拠が必要です。こっそりスマホでセクハラ発言を録音してしまいましょう。 とにかくセクハラは一人の問題ではなく、会社全体の問題です。悩んでいるのであれば、周りの相談できるところに相談しに行ってください。

関連した記事

父親からのモラハラの特徴とは?対策と解決方法

父親から過度なしつけをされて、「モラハラ」ではない...

2019年07月19日, 差別・ハラスメント

モラハラかどうかチェックする方法:すぐに実践できる対処法も

モラハラを受けている人のなかには、自分が受けている...

2019年07月19日, 差別・ハラスメント

精神的DVへの対処法8つ:我慢せずにすぐ対処することが大切

精神的DVとは、日々の行動の中で、肉体的なDVやモ...

2019年07月19日, 差別・ハラスメント