親と同居するメリット6選:精神的にも、節約にも良い!

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 同居

最初は夫婦で生活していたけど、核家族世帯が多くなり、夫の両親との同居を将来視野に入れているという夫婦も多いかもしれません。

義両親とあまり折り合いがよくない人はもちろんの事、多かれ少なかれ不安を覚えるというのが正直な所ではないでしょうか。

今回は、そんな不安の覚える同居のメリットについて紹介します。

節約できる

親との同居でのメリットはお互いに助け合いができて、様々な生活費が節約できることです。

特に、住居費は生活費で一番大きい出費なので、一番の節約になります。他にも食事や雑費等も少量よりは、まとめて大量に購入する方が費用を抑えられるでしょう。

また、育児や病気、介護等、家族に具合の悪い人や手がかかる人がいた場合も、同居していればその分人手が多くなるので、協力して負担を分散する事ができます。

子どもの面倒を見てもらえる

親と同居するメリットは、やはりこどもの面倒を気軽にみてもらえるということではないでしょうか。

パートなど働きに出ている場合、こどもが熱をだしたり、急な呼び出しがあったりなどで欠勤対応してもらえる職場ならまだ良いですが、正社員などのフルタイム勤務の場合はなかなか難しいことが多いです。

そんな時に、親と同居していれば、預け先を急いで見つける必要もなく、お世話の仕方もある程度普段から目にしているので安心して預けることができます。

家事を手伝ってくれる

家事や育児を手伝ってくれるので、もし旦那さんが育児不参加の場合でも自分の仕事量が減り、自分自身の時間を持てるのがメリットです。

もちろん子どもがまだ産まれてないときであっても、家事を親がしてくれたり、半分半分でしたりと協力をしていけば、自分自身も働くことが可能になるので、体がしんどくなることも少なくなります。

食事の支度をしてもらえる

仕事で残業が多かったり、食事をとる時間も不規則な生活になってしまう人にとっては、家に帰ったら料理を作ってくれる親がいてくれるのはとてもありがたいことです。

また、それを家族で話しながら食べられれば、栄養だけでなく精神的にも豊かになれるでしょう。

安心感

たとえば自分が熱を出したりけがをしたときに、共働き夫婦の場合、誰も看病してくれません。

しかし、親と同居していれば、食事や薬などの用意をしてくれたり、日常生活で困る部分を助けてくれたりします。

何かあった時でも大丈夫と思える安心感は、忙しい夫婦にとってありがたいものです。

相談できる

初めて子育てする夫婦にとって、いろんな事が未知の体験ですし、時にはどうすれば良いかわからない事にもぶつかります。

そんな時、子育ての相談ができたり、掃除の仕方、料理、裁縫など分からない事はすぐ聞ける環境は、とても頼りになるでしょう。

関連した記事

旦那の親と同居する際、キッチンを分けるメリットは?

同居となった場合、可能であればキッチンを分けること...

2019年07月19日, 同居

大学生同士の同居のメリットとデメリット:プライベートは守られる?

大学生同士の同居、例えば友達とのルームシェアや恋人...

2019年07月19日, 同居

母親と同居するときに気をつけるポイント4選:旦那の前で喧嘩はNG!

母親と同居することになった場合、ついイライラしてし...

2019年07月19日, 同居