イライラとサヨナラ!おおらかな性格になるためのポイント9つ

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

いつでも落ち着いていて、おおらかな包容力のある人は周りにいますか?

心がおおらかな人には、自然と周りに人が集まってきますし、何か余裕のようなものを感じる事ができます。

どうすればおおらかな性格に近づく事ができるのでしょうか?

ここでは、おおらかな性格に近づくための方法を紹介します。最近イライラすると感じた人はぜひ参考にして心にゆとりをもってみましょう。

1.ゆっくりと呼吸をする

おおらかな性格の人になる為には、まずはゆっくりと呼吸をする事が大切です。

呼吸が荒かったり早かったりすると、ついイライラしてしまいがちで、いろんなトラブルを抱えやすくなります。

そうならないためにも、ゆっくり呼吸することを心掛ければ、心に余裕も出てきます。

2.時間に追われない

おおらかな性格になる為には、普段から時間に余裕を持って生活する事を心掛けることが重要です。

時間に追われるような生活をしていると、精神的な余裕も生まれません。少しでも時間に余裕を持たせるだけでもおおらかでいることができます。

3.気にし過ぎない

おおらかな性格になるためには、気にし過ぎるのはよくありません。

どうにもならないことをずっと気にしていても現状は変わりませんし、どんどんネガティブになるだけで、いいことは一つもありません。

おおらかな性格になるために、あまり小さい事は気にしないように心掛けましょう。

4.自分を客観視してみる

おおらかな人というのは、自分に起きることを客観的に捉えることができます。

自分自身をいつも客観的に見ることができる冷静さを持っているので、おおらかに見えるのです。

まずは自分自身を客観的に見れるようになることも大事です。

5.いつも前向き

人生生きていればいろんなことが起こります。良いこともあれば、悪いことだって起きる事もあります。

おおらかな性格の人は基本的にポジティブな思考の持ち主なので、何か悪いことが起きたとしても、前向きに捉えることができます。

6.感謝の気持ちを忘れない

おおらかな性格の人というのは、いつでも感謝の気持ちを忘れない心を持っていることが多いです。

人は誰でも周りの人に支えられているのに、心にゆとりがないと、なかなか人に対して感謝の気持ちを持つことが難しくなりがち。

いつも感謝の心を忘れないように心がける事がおおらかな性格になるには大切なことです。

7.完璧主義を卒業しケ・セラ・セラと生きる

イライラする人たちの大きな特徴は、潔癖で完璧主義で真面目な人々が多いです。ところがその真面目が仇となり自分で自分の首を絞めてしまうことがあります。

そんな自分に気付いたら、大きく深呼吸をして、身体の力を抜いてください。

そして、自分自身に対して少しゆとりを持たせてあげれば、少しは気持ちが楽になるはずです。

8.本来の自分の姿になる

現代は、会社での自分、家庭内での自分、学校での自分など様さまざまな自分が存在しているので、ありのままの自分をさらけ出すことが難しいです。

そのため、本来の自分がさらけ出せなかったり、本来の自分が分からなくなってしまいます。

そんなときは、休日などを利用して、心も身体も休めて、自分を見つめ直してみましょう。

自分を見つめるまでいかなくとも、日々の生活を振り返り、自分の周りにいる人のことなどを考えてみてもいいでしょう。

9.流れに身を任せる

山に行って大きな樹木を見てください。子供の頃に同じ場所を訪問し、見て触れた木がそのままの形で残っています。

写真で見比べれば、その変化の少なさに驚かされます。このことは、人間の存在が、この世の中でどれだけチッポケな存在かということを証明しています。

宇宙の営みの中で、人間の生命など、ほんの一瞬にしか過ぎないのです。

そうやって考えれば、イライラした心も少しは休まるかもしれません。

関連した記事

別居の親を扶養家族にしたい!仕送りはどれくらいするべき?

別居している親を扶養に入れようと考えている方が増え...

2019年07月19日, 人間関係

ネットでの面倒な人付き合いの対処法:距離を置いてストレスをなくそう!

リアルでの人付き合いはもちろんのこと、今の時代では...

2019年07月19日, 人間関係

信用を取り戻す方法5選:相手の怒りを受け入れることが大切

信用を得るにはとても時間がかかります。反対に信用を...

2019年07月19日, 人間関係