子供扱いはやめよう!息子に嫌われる母親の行動5つ

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

息子が思春期になると母親のことを嫌いになるという話は珍しくない話です。 思春期以外にも嫌いになってしまうようなことがあるかもしれません。

良かれと思ってとっていた行動が実は鬱陶しがられていて嫌いになってしまう原因になるなんてことも‥‥ では息子が嫌がる母親の行動をご紹介します。

1.あまり褒めてもらえない

テストで100点!とまではいかなくても頑張った。 運動会で苦手なかけっこを頑張った。 など、本人的にはとても頑張ったのに母親が褒めてくれないととても悲しい気持ちになります。

100点だったり1位だったらたしかにわかりやすいので褒めやすいかもしれません。 しかし子どもは少しでも頑張ったことは褒めて欲しいものです。 このくらいのことで褒めなくてもいいと思うのではなく、少しのことでも褒めてあげてください。

2.いつまでも子ども扱いをする

親からしてみれば子どもはいつまでたっても子どもだという気持ちなのだと思います。

しかし子どもだと思い見下してしまう家庭もあるそうで、そうなってしまうと子どもはストレスが溜まる一方です。

子どもだと思い、いつまでも言い分を右から左に流していたりしていると、それが母親嫌いの原因になりかねないので注意してください。

3.兄弟、姉妹差別

勉強やスポーツなどの成績の差を比較したりバカにしたりしていませんか?

比較される方はプレッシャーとストレスが溜まってしまいます。 比較をされ、バカにされ続けると根暗になってしまったり自信のない人間になってしまうかも。

兄弟間の仲が悪くなってしまうかもしれないので気をつけなければなりませんね。 叱るのも褒めるのもできるだけ平等にしてください。

4.自己中心的

自分の都合が良いことには目をつぶり、都合が悪くなると怒ってしまうなんてことはありませんか?

子どもはそういう大人の悪い癖も見抜いています。 いくら自分の子どもでも自分の都合の良いことばかり言っているといつかは離れていってしまいます。

そうなってしまう前に一度自分の発言や行動を思い返してみるようにしましょう。

5.偏見が激しい

勉強は1日◯時間しなくてはだめ、ゲームや漫画は悪影響でしかないからだめ、アニメを観るくらいならニュースを観なさいなどと、母親の偏見で物事を押し付けてしまっては子どももいつか爆発してしまいます。

たしかに勉強は大切ですがゲームや漫画やアニメも子どもにとっては大切です。

要はめりはりが大事なので、全部だめといってしまうのではなくゲームは1日1時間までなどとルールを決めるといいでしょう。

関連した記事

[修羅場体験談~Vol.2]出会い系で出会った彼は知り合いの奥さんだった?!

<div style="background:#f...

2019年07月19日, 人間関係

人間関係がめんどくさいと思ったときの対処法4選:悩みを軽くするには?

人間関係をめんどくさいと思うとき誰にでもあるもので...

2019年07月19日, 人間関係

騒がしさが耐えられない・・・子供が嫌いな人の心理7つ

どうしても子供を好きになれない人っていますよね。 ...

2019年07月19日, 人間関係