居心地が悪い...家族とうまくいかない理由まとめ

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

家族仲が悪いと頭を悩ます人もいれば、家庭崩壊に陥ってしまい、人生のどん底を味わったという人も日本にはたくさんいます。 家庭の中がいつもピリピリしている。家族との関係がつねに、ギクシャクしている。ちょっとしたことですぐに言い争いになってまう。 本当は大好きでいたい相手なのになぜうまくいかないのか?その理由を考えてみたいと思います。

過保護・過干渉

最近では、親離れ・子離れが上手くできず、いつまでたっても大人になっても子供扱いを受けるという人が見られます。

どこに行くにも行先や時間を聞かれたり、帰りの時間が遅くなると何度も電話が鳴ったりと、良い大人になったのにも関わらずまるで小学生を相手にしているかのような干渉をしてしまうのです。

社会に出て自立を目指しているのにも関わらず、その行為を妨げる存在になってしまうと、家族というものがうっとうしく感じてしまうこともあります。

自分勝手な価値観を押しつけられる

何に価値を見出すかは、夫婦であっても、親子であっても、それぞれ違います。しかし、自分の価値観を押し付ける人は、意見が合わないと分かった途端、相手を全否定しはじめます。こういう人が家族に1人でもいたら大変です。

そして本人は家族のために良かれと思って価値観を押し付けているので手に負えません。 価値観を押し付けられた側は、相手の価値観に合わせることによって自分の価値観がなくなり、自分で物事を考えることができなくなっていきます。

頑張っても認めてもらえない

一番大好きな人に、どんなに頑張っても認めてもらえないことほど悲しくて寂しいことはありません。特に親子関係には、とても影響がでます。優しく包んでくれるはずの存在に全否定され、なんとも思わない人はいません。

生まれて初めての人間関係がうまく築けていないことを自分のせいにしてしまい、友達やパートナーとの人間関係をダメにしてしまう可能性もあります。なによりも認めてもらえないことで自己肯定感が育たず、逆に自己否定感が育ち、生きることさえ辛くなってしまいます。

兄弟・姉妹と比べられる

家族とうまくいかない理由として意外と多いのが、兄弟・姉妹との比較が多い事によるものです。 比較されることで伸びるタイプの子、逆にやる気を失ってしまう子と、タイプは人それぞれ。

それなのに一つだけの基準で比較され続けると、自分は人より劣っている感覚を身につけてしまったり、比較され続けたことで自信を失くしてしまった結果、家族の事が嫌いになってしまったという人もいます。 言えずにずっと耐えてきた人、比較される環境が当たり前の環境で育った人は、特に家族に対して近さを感じることがなくなります。

色々な手段でコントロールされる

家族のことを自分の所有物と勘違いしていることが大きな問題です。誰もが自分の思い通りに人を動かしたいという欲求がありますが、その欲求が強ければ強いほど、思い通りにならない時はイライラし、攻撃的になり、無理やりにでも自分の欲求を通そうとします。

親子関係でよく見られるケースでは、絶対的権威をふりかざして要求されることです。子供に有無を言わせず、言うことをきかせようとします。

また、言葉で正当性を主張し、思い通りに動かそうとする人もいます。暴力で攻撃されるのもつらいですが、言葉で言われると、精神的にとてもつらいですよね。

素直な人ほど相手の要求に答えようとするのでコントロールする人がいなくなってしまうと、途端にどうしたらいいか分からなくなってしまうのです。

関連した記事

人付き合いが疲れる原因と対策まとめ:気を遣いすぎないことが大切

毎日必要に迫られる「人付き合い」で疲れてしまう人は...

2019年07月19日, 人間関係

誰でも当てはまる!初対面でも会話が盛り上がる5つの話題

初対面の相手と会話するとき、どんな話題を振ればいい...

2019年07月19日, 人間関係

根暗と思われてしまうポイント9選:私ってネクラに見える?

<span style="line-height:...

2019年07月19日, 人間関係