卑劣で巧妙!痴漢の手口を知って、事前に対策!

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

取り締まりのために女性車両が導入されてしばらく経ちますが、一向に減る気配のない電車での痴漢。 年々巧妙になっていくその手口は、女性の心を深く傷つけています。 海外では痴漢をされた女性が殴る蹴るで撃退するなどの話もありますが、日本では難しい対応と言えるでしょう。

では、痴漢はどのような手口なのか、防ぐにはどうしたら良いのかをご紹介していきたいと思います。

1.ポケットに手を入れる

女性の後ろに立ち、ポケットに手を入れている人は注意が必要です。 ポケット越しに女性の体を触る、または自慰行為をするなどの痴漢が広がっています。

中にはポケットの底に穴をあけている場合もあり、非常に計画的です。 外から見ると手元が隠れているため発見しにくく、被害に遭った女性もなかなか言い出せないケースもあります。 疑わしい場合は、その場を少し離れて様子を見ましょう。

2.グループで行動する

複数人で女性を囲んで痴漢を行う事があります。 一時期ニュースなどでも取り上げられていましたが、最近でも行われている手口です。 複数人の男性に囲まれてしまうため、女性は恐怖心から声を出せないケースが多いと言います。

また、痴漢行為の現場を周囲から隔離する事により、発見しにくいとされています。 女性を囲むように男性集団が立っていた場合、すぐにその場を離れましょう。

3.逃がし屋を作る

一見何の関わりもなさそうな複数の男性が実はグループで、前もって痴漢で捕まりそうになった男性を逃がす役割を決めておく計画的な犯行があります。 女性が痴漢の被害を訴えた際、犯人の男性を捕まえる振りをして隙を見て逃がすという卑劣な行為です。 判断が難しく、なかなか捕まえることができないのが現状。

痴漢に遭った際は、しっかり自分の手で駅員まで連行する必要がありそうです。

4.匂いを嗅ぐだけ

直接手を触れたりはせずに、顔を近づけ匂いを嗅ぐという手口です。 満員電車などでは髪の毛が相手の顔に掛かってしまうこともありますが、犯人は意図的にその環境を作り上げ、髪の毛や体の匂いなどを嗅ぎます。 不快ではあるものの、打つ手がないのが巧妙なところです。

なるべく女性同士で固まれるような位置に移動するなど、男性から距離をとるようにしましょう。

5.自然に触れてしまう環境を作る

必要以上に体を密着させ、電車の揺れや駅での出入りなどを利用して女性の体を触る手口です。 人がいない車内であればすぐに異変に気づきますが、満員電車の場合だと、なかなか判断がつきにくい行為です。 明らかに男性が体を押し付けてくる場合は疑いを掛ける事ができますが、そうでない場合は無闇に痴漢扱いせずに、少し様子を見る必要があります。

関連した記事

大人になってからの友達の作り方とは?友達を作りやすい場所もチェック!

<b>「知人のような人はいるけど、気軽に一緒に遊び...

2019年07月19日, 人間関係

感謝の気持ちを忘れずに!人生を変える方法5選

毎日が退屈、何をしても楽しくないなど、いつもと変わ...

2019年07月19日, 人間関係

チャラ男の扱い方6選

気がついたら浮気性のチャラ男を好きになってしまった...

2019年07月19日, 人間関係