気苦労が絶えない!部活の部長の「あるある」な悩み5つ

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 部活

誰よりも積極的に部活動に励み、部長になること。部活に入って一生懸命続けてきた人にとって、これが一つの大きな目標となっていることもあるでしょう。 たくさんの努力が報われて部長になれた時の感動はひとしお。ですが部員の知らないところで部長にはたくさんの悩みもあるのです。 今回はそんな部長ならではの「あるある」な悩みをご紹介します。

顧問と部員の間で板挟みになる

顧問からは部員全体の面倒を見るように言われ、部員からは練習メニューの不満や顧問の愚痴を聞かされ、まさに板挟みです。 両者の意見を理解しているが故にどちらか一方に付くことも出来ないのがつらいところ。 そんな時こそ部長を支えてあげられる心強い副部長の存在に部長は安心するものです。

気苦労が絶えない

顧問からの指示を部員に伝達して不満をぶつけられるのが部長の役目と言っても過言ではないでしょう。 自分だってやりたくない時もありますが顧問の手前、皆の前でそれを言ってしまうわけにもいかず。いつも部員全体を仕切るのは強い気持ちが無ければ出来ません。 逆に顧問に対して真っ向から立ち向かっていくのも部長の役目。部活全体が円滑に回るように常日頃たくさんの気苦労を抱えています。

技術が伴わず肩身の狭い思いをする

部長という肩書きを背負ってしまった以上は他校との練習試合や合同練習、ましてや大会や試合になれば技術があると思われマークされてしまうでしょう。 そんな時に自分よりも技術に優れた部員を持っている部長は少し肩身の狭い思いをしてしまうことも。 ですがチームをまとめるのが部長の役目。技術だけが全てではありません。

自分が模範にならなければいけない

技術面もさることながら生活態度や出席状況などと部員の手本にならなければならないのが部長です。 なかなか休むことも出来なければ中途半端な態度で部活に出ることも出来ず常に本気でいなければなりません。 陰ながら誰よりも努力する部長だからこそ、部員たちの信頼を獲得できるのです。

顧問から一番に叱られる

顧問から言われた通りの練習をこなせなかったり、チームワークが乱れれば一番に怒られるのは部長です。 練習に限らず試合や大会で勝てなければ部長に全ての責任があるかのように怒られます。 ただしそんな部長を陰ながら見ている部員がいるからこそ一致団結できる美しいチームワークが生まれるのでしょう。

関連した記事

青春の1ページ!中高生が抱える、部活の人間関係での4つの悩み

学生時代に欠かせないものの一つが部活。大多数の方が...

2019年07月19日, 部活

もうムリ!嫌いな部活の顧問対処法8選

「部活の顧問にどうしても我慢出来ない不満がある。」...

2019年07月19日, 部活

部活を辞めたいと思った時の対処法7選:本当に辞めていいの?

せっかく自分でやってみたいと思って入部した部活動で...

2019年07月19日, 部活