ウザい!飲み会で説教してくる男性の特徴と対処法まとめ

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , デートスポット

飲み会の席で必ずと言っていい程お説教をしてくる人がたまにいます。それが友達であったり、会社の上司ともなれば避けては通れないでしょう。

何故お説教をするのか、また、どう対応すればやり過ごせるのかが分かれば、憂鬱な飲み会も少し気が楽になります。

では、お説教する人にはどのようなタイプがいるのか、その対処法についてご紹介したいと思います。

自分より下の人間を見て安心したい

自己愛が強い人、いわゆるナルシストな人は、他人を見下す事で優越感に浸り安心します。アルコールによって気が大きくなると、それがお説教となり現れてくるでしょう。

自分の自慢話と人の話を比較したり、自分よりも劣っていると感じた人に対して高慢な態度をとったりします。こうした人と関わらないようにするのが一番ですが、もし捕まってしまった場合は相手の自尊心を満たすためにとにかく褒めてあげましょう。

面倒見のいいアドバイス好き

日頃から面倒見が良くアドバイスをするのが好きな人が、相手の事を思って話している場合があります。しかし、アルコールの力により饒舌になったり強気になってしまい、結果、お説教になってしまいます。

こうした人の話を聞くときは、思っていなかったとしても感謝の気持ちをお伝えする事で相手の気分を害すことなくやり過ごす事ができます。

コンプレックスを抱えている

仕事や生活面でコンプレックスを抱いている人は、アルコールが入る事で不満が爆発してしまい、相手にお説教を始めてしまう事があります。自分よりも良い状況にある人を羨ましく思うあまり、何かにつけて文句を言ったり、環境が良いからだと決めつけてしまったりなど責め立てられる事もあるでしょう。

そうした人に出会ったときは、刺激しないように話をそらすなどして上手く逃げる必要があります。

自己顕示欲が強い

自分の話を聞いてほしいという自己顕示欲が強い人は、他人の欠点を見つけ出し指摘したくなります。日頃からそうした気持ちが強い人はアルコールが入る事によって、より饒舌になりお説教が始まってしまうでしょう。

こうした人とお酒の席で一緒になったときは、その人の意見を認めてあげるような返答をしてあげると、満足感から落ち着いてくると言われています。ただし、調子に乗ってしまう場合もあるので気を付けましょう。

ストレスが溜まっている

普段接しているときは真面目で気のいい人なのに、アルコールが入ると威張り散らしたり悪態をつくようになる事があります。このような人は、仕事で抑圧されてストレスが溜まってしまい、心に余裕がない人に多い特徴です。日頃の鬱憤を晴らすためのお説教と言えます。

このような人に出会ったら、なるべくお酒の席では関わらないようにし、もし絡まれてしまったらストレスが溜まっているんだと言い聞かせて聞き流しましょう。

関連した記事

男子が嫌いな女子の特徴・タイプ5選

気になる最近の男子が嫌いな女子の特徴・タイプとはど...

2019年07月19日, デートスポット

女に嫌われる女の特徴13選:痩せたいは禁句?

自分に悪気がなくても、何気ない一言で相手を傷つけた...

2019年07月19日, デートスポット

自己顕示欲がハンパない!「性格が悪い女」の特徴7つ

<span style="line-height:...

2019年07月19日, デートスポット