準備は早い方が無難!?親の介護で準備すべき事5つ

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、どうしても高齢になるにつれ、自立した生活を送れなくなる機会が増えます。

なかには急な病気やケガなどで、突然親の介護が必要になるケースも少なくありません。

慌てて親の介護の準備をするのではなく、事前にできることがあれば考えておくことも親孝行のひとつでしょう。

今回は親の介護で準備すべき事から5つをご紹介します。

いつでも連絡を取れるようにする

親がどのような生活を送り、何に困っているのかを知るためにはいつでも連絡を取れるようにしておくこと重要です。

自宅の電話に加えて、高齢者向けの携帯電話やスマートフォンを持って貰うのも準備のひとつです。

また、定期的に親の元に顔を出す人にも連絡を取れるようにしておくと、何かあった時に協力して貰えることがあります。

自身についてもいつでも連絡を取れる体制を整えておくことも、また効果的な準備といえます。

市町村窓口などに相談する

親の介護といっても、実際には何から始めたらいいのか分からないという人が意外と多いものです。

そこで力になってくれるのが、市町村にある介護に関する相談窓口です。

手続き的なことはもちろん、子どもとして何をしたらいいのか、どこに協力を仰げばいいのかを教えてくれます。

親の介護に関して、具体的なイメージを持てる大きなきっかけになることでしょう。

「要介護認定」を受ける

実際に介護を受ける場合は、介護保険制度を利用することになります。そのためには「要介護認定」を受ける必要があります。

要介護認定を受けるためには、市町村など所定の窓口に出向き、申請することになります。

申請をしてから、日常生活の状況を見たり、病気やケガなどの状況について医師から判断を仰いだりします。

それによって、要支援1~2、要介護1~5、非該当(自立)などの判定を受けることができます。

ケアプランを作成してもらう

ケアプランとは介護サービスを利用する人が、どのサービスをどれくらいの頻度で利用するかについての計画です。

ケアマネジャーという介護に精通した資格を持った人と、介護を受ける親、家族が相談して決めていきます。

ケアマネジャーの提案に対して、家庭の事情などを踏まえ、意見交換をすることが重要です。

具体的な親の介護の相談もできるため、介護する家族の分担や役割も決めていきましょう。

介護にかかるお金を準備する

介護保険制度を利用することで負担は軽減されますが、それでも介護にはどうしてもお金が掛かってしまいます。

介護に合わせて住まいをリフォームするなど、まとまった金額の出費が必要なケースも目立ちます。

訪問介護やデイケアなど、月々にかかる金額もあらかじめある程度準備しておくと安心です。

なかには介護保険制度を利用することができない出費もあるため、市町村窓口や介護の専門家に相談しておきましょう。

支援機関への相談と協力者の理解がポイント

いかがでしたでしょうか。

親の介護で準備すべき事は、支援機関に相談することと、家族はもちろん親族や近所の人などの協力者に理解を得ることが大切です。

具体的な手続きやお金に関することは、市町村窓口やケアマネジャーなど介護の専門家に相談しましょう。

親の介護といえば家族や親族と相談して、誰が何をどれだけ負担するかを決めておくことも重要です。

実際に介護の手が必要になる前に出来ることから準備を進めておくと、親も安心して生活できるのではないでしょうか。

関連した記事

[修羅場体験談~Vol.2]出会い系で出会った彼は知り合いの奥さんだった?!

<div style="background:#f...

2019年07月19日, 人間関係

大声を出さなくてもOK!電車で痴漢にあった時の対策まとめ

通勤通学の車内では、多くの女性が痴漢にあった経験を...

2019年07月19日, 人間関係

飲み会後のお礼メールのポイント5つ:気をつけるべき点も紹介

飲み会のあとに忘れてはいけないのが、お礼のメールで...

2019年07月19日, 人間関係