バレた時のリスクも!部活を上手に休む3つの方法

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 部活

学生といえば部活動です。部活を頑張る気でいても、時にはどうしても休みたい日が出てくるもの。そんなときにはどのように先生や先輩に伝えれば休めるでしょうか。 休みたいあなたに、メリットとデメリット含めて、その方法をお教えします。

体調不良を訴える

「体調不良で本日お休みします」というのは、一番王道で、あまり深く追求されない理由です。体調不良の種類もいろいろとありますが、休まざるを得ない内容で連絡するのが良いでしょう。 例えば、熱がある・吐き気がするといった家から出られない、動けないという内容です。もしくは「病院に行く」というのでも問題ないでしょう。

冠婚葬祭を理由にする

絶対休める内容なのは「冠婚葬祭」です。どうしても休まざるを得ない理由になりますので、あまり深くは追求されません。ただし、体調不良以上に良心の呵責に苛まれるでしょう。 例えば、「○○が亡くなって・・・・」という内容で休んだ場合、数日後に確認されたときには注意が必要です。「○○さん」が「△△さん」と別の方になっていたら、すぐ嘘だったとばれます。嘘は一貫性をもって貫き通しましょう。

家庭の事情と伝える

幅広く理由をつけられるのが「家庭の事情で休みます」になります。その理由を聞いた顧問の先生や先輩は、あえて詳細を言わないあなた対して、深く質問が出来ないでしょう。家庭によって様々なルールがあり、時には他人が理解出来ないこともあります。 これに関してもどうしても休まないといけない状況だという真剣さが伝わるようにしましょう。

メリットとデメリットがある

部活を休めた場合のメリットは、自分がやりたかったことが出来ます。遊ぶことかもしれませんし、旅行に行くことかもしれません。自分がやりたいことがやれるので、楽しむことが出来るでしょう。 一方でデメリットもあるのも事実です。休んで自分がしたいことをしているはずなのに、心の底から楽しめないことがあります。罪悪感を感じるということですね。 また、仮病やサボりだった、というのがばれたとき、信用をなくす可能性があります。先生やチームメイトの信用をなくすと、取り戻すのに時間がかかるということも覚えておきましょう。 いろんなメリット・デメリットを考慮した上で、休みたい方は参考にしてみてください。

関連した記事

経験者は語る!部活あるあるエピソードまとめ

部活と言っても、運動系の部活から文化系の部活まで、...

2019年07月19日, 部活

部活を辞めたいと思った時の対処法7選:本当に辞めていいの?

せっかく自分でやってみたいと思って入部した部活動で...

2019年07月19日, 部活

もう限界!!部活を辞める時の方法・相談の仕方5選

今まで一生懸命頑張ってきたけどそろそろ限界。 友達...

2019年07月19日, 部活