気がつけば...大学でぼっちになりやすい女性の特徴5つ

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 大学

女性はだいたい群れて行動をするものですが、大学でぼっちになってしまうと精神的にもかなり辛いものです。 大学でぼっちになって過ごす彼女たちはどのように過ごしているのでしょうか? 今回はそんな大学でぼっちになった女性の特徴と実情に迫ります。

サークルには入らない

大学でぼっちになった女性はサークルには所属していません。 友達作りにはサークルに入ったり、学校のイベント行事に参加することがおススメですが、こういった機会を見逃してしまうことでぼっちになってしまうと考えられています。

人は人、自分は自分

ぼっちになった女性は人と比べることはありません。 「人は人、自分は自分」と他人と格付けすることはしません。 そのため他人からどう見られているかといったことも気にしないので、周りの評価は彼女たちにとっては価値はありません。 我が道を生き抜く女性に多くみられる特徴です。

昼食は1人で食べる

ぼっちになった女性は一人で昼食を食べます。 最初の頃はよくランチを誘われていましたが、1人の気楽さを選んで断っているうちにぼっちになっていたということもあります。 しかし実際は1人飯はかなり精神的にこたえるものです。友達ができるまではランチの誘いは断らない方が良いと考えらえます。

インカレサークルに所属している

自分の大学で居場所を見つけることができなくなったぼっち女子は、インカレサークルに入って、他の大学と交流をとっていることがあります。 他の大学の友人は増えても自分の通っている大学では友達ができないため、さらにぼっちになってしまいます。 ぼっち対策としては学内のサークルにも入った方が無難です。

新歓コンパに欠席

入学式が終えると新歓コンパが開催されます。 この新歓コンパに参加することによって、先輩と仲良くなれることはもちろん、同級生とのつながりが増えます。 しかし面倒だからと言って参加を断ってしまうのはぼっちになる原因となります。

関連した記事

大学で友達がいない人の特徴・原因まとめ:友達を作る方法もチェック!

最近大学で友達ができずに辛い、という人が増えている...

2019年07月19日, 大学

インカレサークルの特徴、入る方法と選び方!大学サークルとの違いは?

サークルという単語を聞くと、大学生活におけるサーク...

2019年07月19日, 大学

ぼっちになりやすい人は要注意!大学における「ぼっち対策」とは?

大学で周りの人となじめないことで「ぼっち」になって...

2019年07月19日, 大学