ぼっちになりやすい人は要注意!大学における「ぼっち対策」とは?

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 大学

大学で周りの人となじめないことで「ぼっち」になっている人を時々見かけます。4年間という長い学生生活でぼっちになるのは本当に心寂しいものです。 今回はそんなぼっちと呼ばれる人の特徴を知り、大学生活でぼっちにならないための対策をお教えします。

ぼっちって何?

大学で友人を持たない1人ぼっちの人のことを「ぼっち」と言います。

こういったぼっちの人は人と話すことに苦手意識を感じており、人とのコミュニケーションを避けます。

見た目ではあえて自分から他人との接触を避けているように見えますが、本当はそうではないケースもあるようです。

ぼっちになりやすい特徴とは?

ぼっちになりやすい人の特徴としては講義が終了して休憩時間に入ると、机に伏して寝て待つという行動が見られます。 伏している間は本当に寝ているわけではなく、周囲の会話に聞き耳を立てているのです。

本当は周りの人に関心を抱いている人がほとんど。

本当は構ってほしい

誰かに話しかけてもらいたいと思っているぼっちですが、いざ話しかけてもらっても言葉はどもってしまうばかりで「あの…えと…」としか話せずうまく会話が成立しません。遊びに誘っても断ってしまうため、周囲と溶け込むことができません。

身なりを整えてみよう

人は第一印象が重要と言うように、見た目で人の印象は決まります。清潔感のない服装だったり、ヘアメイクもおざなりだったりすると、他の人からの印象はよくありません。

ぼっちにならないためには、まずしっかりと身なりを整えて清潔感のある人物になることが大切です。

笑顔で会話はスムーズに

ぼっちの人は人と目を合わせず、笑顔が少ない場合が多いです。

しかしぼっちに限らず人と笑顔で接するということは誰しもが気を付けなければならないこと。笑顔で明るい印象に見えるようにして、会話はどもることなくスムーズに話すと良いです。

関連した記事

大学が嫌いになったときの対処法:行きたくないと思う前にチェック!

夢と希望を抱いて入学した大学。通い始めたものの、自...

2019年07月19日, 大学

時間もお金もある!大学でサークルに入らない男子がモテる理由

あこがれの大学生活がスタートしたのに、うまく周りの...

2019年07月19日, 大学

人生の通過点!辛い大学生活を乗り切る6つの方法

夢や目標を持って入った大学のはずが、今は辛くて仕方...

2019年07月19日, 大学