ちょっと苦手だな…どうしよう?苦手な人との付き合い方6選

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

人間関係にはどうしても苦手な人が存在します。

そう感じている人とお仕事をすることになると、とても大変です。

漫画のキャラクターみたいな関係ですが、あり得る話でもあります。あの人ちょっと苦手だな、けれど一緒に行動または業務をしなくちゃいけない、どうしよう。

このように少しでも感じた方はこれを読んで付き合い方を考えてみましょう。

その人を好きにならなければ始まらない

まずは苦手な人の良いところを見つけてみましょう。

最初はなかなか見つからないかもしれません。

仲間を大切にするとか、何かが起きても落ち着いて冷静にいられる所など、何か1つはあるはずです。

その人の良いところを見つけていくうちに自分も肩の力も抜けてきて安心するようになります。

こうしたところから、苦手意識もいずれは安心に変わるかもしれません。

一緒に業務をこなしたり、どこか出かけたりする前に、今一度相手の良いところを見つけてみてください。

キライじゃなければ苦手を克服できる可能性が

大事なのは相手をキライにならないことです。

キライになることはその人の存在を否定するようなもの。

その人と付き合うにおいて苦手な部分も多少のことは目をつぶってあげましょう。

仲間として好きな人との関係とは少し変わって見えますが、苦手な人と付き合っているなら時間が経つに連れ向こうから解決してくれる、なんてこともあります。

そして人によって違いがありますが、相手が根に持たない性格なら会話で失敗しても、次の日には忘れてくれている場合もありますので前向きに考えましょう。

相手も変わってくれることがあり得る

どんな関係でも相手との距離が遠くなっているほど、心は変わってはくれないでしょう。

また、相手のルックスなどが気に入らなくて苦手なら、そこの部分を優しく教えてあげたりすれば、その人ができることから自身を変えることに努めてくれることも。

そして会話できそうな距離へ歩み寄ることも大切です。

なにかアクションをあなたにもたらしてくれた時は、仲良くなるチャンスですから見逃さないように。

果報は寝て待てという言葉もありますので、気長に待ちましょう。

興味があるならまずは挨拶に挑戦

会話の輪の中で苦手なところがあって、自分の頭のなかで作った苦手な人リストにのってしまいそう…。それなら会話の始まりである挨拶に挑んでみましょう。

おはよう等の挨拶等から、興味を持っていることなど、さりげなく話しかけてみましょう。一歩踏み出して間接的に仲良くなれるように、会話を切り出してみると話しやすいかもしれません。

人見知りをしそうな気持ちがあっても、勇気を出すことが肝心です。

環境によっては会話を切りだしやすくなる場合も

会話において、その場の環境はカギになるでしょう。

話しにくいのが苦手な相手の場合、ここでなら一緒に会話できそうだな、という場所を抑えておくのも手段のうちのひとつです。

そこで相手の気持ちはどうなのか、あなたとしてはどうなのかを話してみましょう。

その中でこの部分は許せるけれどここは許せない、そしてそれはなぜなのか。

できることなら嘘はつかないで素直に話しておくと、人間関係においてお互いのためになります。

無理をして関係を築き上げる必要もない

一番の重要なポイントと言えます。

どうしても相手のことが苦手で、同じ環境で付き合いたくない人とうわべだけの関係を築く必要はありません。

本心から向き合ない相手では、ウソをついてしまったりして後から収集が付かなくなることがあります。

相手と距離を取りたい場合は、早いうちに上司やリーダーに相談するなどして部署を変えてもらえるようにしておいた方が安全でしょう。

なにも無理することはない、それがすべてじゃない、そう自分へ言い聞かせる選択肢もあることを忘れないようにしてください。

関連した記事

女性は感情的な生き物?感情のコントロール方法を紹介

男性が女性のことを、「女は感情的な生き物だ」なんて...

2019年07月19日, 人間関係

泣くのもアリ!?介護に疲れて鬱にならない5つの方法

親や親族を介護し続けると、疲労やストレスが蓄積しが...

2019年07月19日, 人間関係

警察に落し物を取り行く時の手順:必要な書類と保管期限に注意しよう

うっかり落とし物をしたことはありませんか?傘を電車...

2019年07月19日, 人間関係