精神的DVへの対処法8つ:我慢せずにすぐ対処することが大切

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 差別・ハラスメント

精神的DVとは、日々の行動の中で、肉体的なDVやモラルハラスメント、さらにその他要因が重なって、精神的に追い詰められていくことです。 この背景には、「自分は頑張って外で働いているのに、相手は稼ぎもしないで家にいるだけだ」という気持ちから起こる、カップル間の経済力の格差が原因な場合も。 被害者は自分のせいだと感じ、自分の行動に自信が持てなくなり、結婚生活が立ち行かなくなって破たんします。 このDVへの対処法を8つ取り上げます。

1.DVへの姿勢

どのDVにも言えることですが、なにかしらの前兆や予兆が存在します。結婚生活当初から存在しているものです。 最初は軽く頬をたたくような暴力が、どんどんエスカレートして、殴る蹴るの暴力に発展します。 DVの典型的パターンです。精神的DVも同じですから、予兆を感じたらなるべくすぐに対処しましょう。

2.精神的DVの典型例

精神的なDVの例でよく挙げられるのが、エアコンでの夫婦関係です。 妻がエアコンをつけていないと「なぜ暑いのにつけないのか?」と怒ります。妻がエアコンをつけていると「節約しろ!暑くないだろ」と怒ります。妻がエアコンをつけるかどうか聞くと「自分で考えることもできないのか」と怒ります。 つまり、何を言っても気に入らないのです。妻はどんどん萎縮し、自分で物事を判断できなくなり、夫に従わざるを得なくなっていってしまうでしょう。これが典型的な精神的DVです。

3.精神的DVを感じるとき

DVはエスカレートしていくものです。 精神的にダメージを受けるような言葉の後、パートナーから優しい言葉を受けると、ほだされそうなときがあります。 でも、優しい言葉は一時的で、パートナーの本質は変わりません。このままエスカレートしていく傾向も。 これはどの暴力にも当てはまりますし、本質が暴力的なので治りにくいです。

4.精神的DVを感じたら

まず避難しましょう。 ちょっとしたことで怒るなんて大人げないじゃないかとパートナーから指摘されるかもしれませんが、そこで許すと、相手につけ入るスキを与えてしまいます。 相手が自分に苦痛を与えているということを忘れてはいけません。 相手に未練があっても、その先に待っているのは苦痛の繰り返しがほとんどです。 早めの対処が必要になってきますので、できるだけ早くその傾向を見つけて避難してください。

5.精神的DVを受けてしまったら

精神的DVを受けてしまったときの対処方法として、まず身近な人に相談するということが挙げられます。 困ったときは相談をすることが1番です。精神的ダメージを1人で抱え込まないでください。 抱え込んでしまうと、自分の健康的な判断力がなくなってしまい、良い方向には進みません。 どんな些細なことでも、自分が精神的にダメージを受けていると思うときには、自分から身近な人に相談して助言を仰ぎましょう。

6.まずは自分の身の安全を第一に考える

精神的なDV被害にあった場合、第三者に相談したり、専門機関に相談することがもっとも有効な手段です。ですがその際、気をつけてほしいことがあります。 それは、相談した痕跡を絶対に残さないことです。相談したことが夫にバレると、DVがさらに悪化する可能性が高いでしょう。今まで精神的なものだったのが、暴力を伴う肉体的なDVになってしまうこともあります。 まずは身の安全を最優先に考え、電話の履歴やメール、行動経路などバレないように工夫しましょう。

7.証拠をおさえておく

暴力などを伴う肉体的なDVと異なり、精神的DVは証拠が残りにくいのも特徴です。相談するときのことも考え、証拠を残しておくと良いでしょう。 例えば、夫の罵詈雑言を録音しておく、精神的DVによって通院をした場合などはその診断書を取っておくなど。また、LINEやメールなどで辛辣な言葉を言われる場合はそれも撮っておくといいです。 大勢の前でけなされる、怒鳴られるというのも精神的DVです。親しい人がその場にいたなら、状況を覚えておいてもらうなど協力してもらいましょう。

8.カウンセリングが必要な場合も

精神的DVはもちろん行うほうが悪いのですが、被害にあいやすい女性がいる、というのもまた事実です。 例えば、自己表現が苦手で意見が言えない、相手の顔色ばかり伺ってしまう、すべて自分が悪いという自己犠牲の考えを持っているなど。 こういった考えや判断をしてしまう人は、幼い頃にトラウマがあったり、辛いことがあった人が多いのです。そういった場合は自分自身もカウンセリングを受けること今後被害にあうことを少なくできます。 心当たりのあるひとは受けてみるのも良いでしょう。

関連した記事

モラハラ彼氏の9つの特徴と付き合い方:付き合う前にモラハラ男を見分る方法は?

最近なにかと耳にすることも多くなった「モラハラ男」...

2019年07月19日, 差別・ハラスメント

マタハラってなに?2種類の事例で詳しく解説

マタハラは、マタニティハラスメントを略した言葉で、...

2019年07月19日, 差別・ハラスメント

ハラスメントってなにがあるの?意外と身近なハラスメントも

職場内で優位な立場を利用して、弱い立場の相手にハラ...

2019年07月19日, 差別・ハラスメント