無駄に外面がいい・・・モラハラする人の特徴7つ

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , デートスポット

自分の近くにいる人の行動が、ちょっとおかしい・・・もしかして、あの人のしていることはモラハラじゃないのか?

そんな疑問を持つ人のために、今回はモラハラする人の特徴をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

1.自分が特別な人間だと思っている

モラハラをする人は、自分を特別視する傾向にあります。

特別な才能があったり、世界中から賞賛されるべき存在であるとまで思ったりするのです。

さらに、周囲にもそのように自分を扱うように期待しています。

しかし現実には、理想が高すぎて、誰からも望むようなリアクションをもらえないため、いつもイライラしています。

そのため、身近な人から思うような反応がない場合、「おまえはダメ人間なんだから自分を敬え」というような、モラハラという行動に出ることがあります。

2.外面がいい

モラハラをする人は、他者からよく見られたいという欲求が強いので、外面上は非常に「いい人」に写ります。

仕事上も頑張っているというアピールが上手なので、上司からも評価がいいことも珍しくありません。

しかし自分より格下だと思っている相手には、そういった気遣いをしませんので、激しい二面性があるのも特徴のひとつです。

3.相談に乗りたがる

モラハラをする人は、常に自分の引き立て役やストレス発散役になる人間を探しています。

そのため、弱っている人間を見るとすぐに近寄って、アドバイスをしたり、世話を焼いたりします。

可哀想な人の話を聞いて、自分よりも下がいると満足したり、頼ってもらえる立場に寄ったりするのです。

しかし、本心では本気で助けようと思っていないので、時には相手を絶望させるような言い方をすることもあります。

4.主役になりたがる

モラハラをする人の大きな特徴に、他人を押しのけて自分が主役になりたいという欲求が見られます。

しかし、それは自分を向上させるための野心的なものではなく、とても刹那的な感情なのです。

今この瞬間に目立ちたいという欲求さえ満たされればよいので、根拠に基づいた行動ではありません。

表面的には、自信たっぷりで有能に見えるので、リーダー役に抜擢されることもあります。

5.身近にスケープゴードを作る

身近においている人間、たとえば配偶者などの逃げづらい立場の人を、ストレス発散の対象とすることもしばしば見られます。

外から見てわかりやすい暴力ではなく、精神的に追い詰め、孤立させることで、ストレスを発散しているのです。

またモラハラをする人は外で常にいい人ぶるので、周囲はスケープゴードにされている人間のほうに落ち度があると見てしまい、ますます逃げにくくなってしまいます。

6.自己評価が高く、自慢話が多い

日本では、謙遜が美徳とされ、自分自身を自慢するような発言は受け入れられにくい空気があります。

そのため、モラハラをする人も、表面的には謙遜をするのですが、しかしそのわりに、自分を褒めてもらえるような方向に話を持っていこうとします。

さりげなく自慢話をするだけでなく、スケープゴードにした人間の評価を下げることで、相対的に自分の地位を上にしようとする手段をとることもあります。

7.他人の評価に敏感

モラハラをする人は、外からの評価しか信じず、目に見える結果がすべてという考え方をしています。

そのため、常に自分の評価を気にしているので、他人からの褒め言葉や悪口に対してとても敏感です。

些細な批判であっても、プライドを傷つけられると激しく怒りだすので、モラハラをする人を相手にしていると、つい萎縮してしまうのです。

関連した記事

男に媚びすぎ!イラつく女の7つの特徴

世の中には、周囲をイラつかせることに関してだけは天...

2019年07月19日, デートスポット

ソロ充とぼっちの違いは?ソロ充の特徴と生態に迫る!

あなたは、ソロ充という言葉を知っていますか?ソロ充...

2019年07月19日, デートスポット

友達親子は考えもの?子離れできない母親の特徴7つ

どれだけ大きくなっても、自分で産んだ我が子はかわい...

2019年07月19日, デートスポット