義両親との同居で気をつけるべきこと9選:ケンカは目の前でしちゃダメ!

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 義両親(義父・姑)

結婚した後、慣れない同居をすることへの不安や心配を抱えている人は多いでしょう。

今回は義両親と同居して仲良くやっていく方法が知りたい人に、義両親と同居するときの注意するポイントを9つ紹介します。

これから結婚して同居するという人や結婚後は義両親と同居したいという人は必見です。

義両親と同居するときに気をつけること

結婚してただでさえ慣れない同棲生活をしているのに、義両親とのトラブルを起こしてしまったら、かなりのストレスになるはずです。

結婚後、ストレスを溜めすぎないためにもぜひ参考にしてみてください。

親しい仲にも礼儀あり

いくら義両親とは仲がよくても、同居となれば24時間同じ家に住むといことは良いところも悪いところも見えてしまうものです。

親しき仲にも礼儀ありといった言葉があるように、きちんと立てるとこは立てておきましょう。

昔の人は特に礼儀を重んじる人が多いので、オンオフの切り替えをしっかりすることが肝心です。

そうすれば、同居を円滑に進めやすくなるはずです。

ケンカは目の前でしない

結婚生活において必ず起こる夫婦ケンカは、義両親の前ではしないようにしましょう。

ケンカをしているとこを見るのは辛いことですし、最悪我が子を擁護してしまう親も少なくはないので、目の前でケンカするのは損することが多いです。

なので、夫婦ケンカはなるべく二人の空間でしたほうが良いです。

帰る時間や家を空けるときは先に伝えておこう

結婚して夫や嫁に許しを得れば出かけようが、何時に帰ろうが自由ですが、同居となると義親のイメージが悪くなってしまうパターンもあります。

友達の家に遊びに行って少し遅かったり、家をあまり開け過ぎると、印象が悪くなってしまいます。

嫁は家にいるものという考えの人も多いので、同居している場合は「今日は、〇〇があるから帰るのが遅くなります。」などとちゃんと理由を伝えておくといいでしょう。

だらだらした生活はしない

休みの日くらいはゆっくりしたいと思いますが、実はこういった所もしっかり見られているもの。

掃除は後回しにしようと思ってくつろいでいても、義両親からしたら、だらしない人と思われかねません。

同居するとなると、自分の生活スタイルが叶うわけではないのが現実。

結婚生活が窮屈に感じると思いますが、キチンと家事をこなし自分で率先して行うほうが印象もいいですし、何かと融通を利かせてくれるかもしれません。

子育てに関して揉めない

同居して子どもがいる場合に気をつけてほしいことが、子育ての意見の食い違いです。

親と子の世代だと、子育ての常識や環境は違うので、子育ての方針は違うことが多いです。

できるだけお互いの育児に対する意向を話しておいた方が、衝突もさけられますし、できるだけ控えめでもいいので意見はいった方がいいでしょう。

日頃から遠慮せず本音で話す

義両親と長く一緒に暮らすためには、日頃から遠慮せず本音で話し合える関係を築くことが大切です。

義両親の気分を害するのではないかと思って、本当に言いたいことを我慢しているとストレスが溜まって、いつか爆発してしまいます。

もちろん、義両親に対する感謝の気持ちを常に忘れないことが前提ですが、言いにくいことでも本音で話すことが大切です。

感謝の気持ちを形に表しましょう

最初は少し窮屈に感じる義両親との生活も、慣れてしまえばたくさんのメリットがあります。

例えば、共働きの夫婦であれば、子供の送り迎えや家事を手伝ってもらうなど、別居だと叶わないことでも簡単にお願いすることができます。

しかしながら、最初のうちは感謝の気持ちがあったとしても、だんだんと「当たり前」になってくるものです。

常に感謝の気持ちをもって「ありがとうございます」と言葉に出すことは当然として、定期的に感謝の気持ちを形にして表しましょう。

照れ臭いなら、義両親の誕生日にお祝いをするなど、イベントに乗じて感謝の気持ちを形に表すことで、より良好な関係を築くことができます。

たまには義両親と距離を置いてみる

義両親との生活に慣れてくると、お互いに少しずつワガママになり、ついつい不満や愚痴を口にしてしまうものです。

また、義両親に対して気を遣っていないつもりでも、無意識のうちにストレスが溜まっていることもあります。

そこで、たまには夫婦や子供だけで旅行するなど、義両親との距離を置くのも良い方法です。

少し距離をおけば、お互いにリフレッシュできますし、あらためて感謝や尊敬の気持ちを確認することができます。

「一緒に住めない」といった意思表示をしてみる

様々な事情があるにせよ、義両親と一緒に住むとなれば、ずっと仲良くしたいと思うものです。

しかしながら、あまりにも身勝手な言動が続くようであれば、正直にその原因と、一緒に住むことができない旨を義両親に伝えるべきです。

我慢をしすぎると、肝心な夫婦関係までもギクシャクしたり、メンタルを患ってしまい修復ができなくなってしまいます。

もちろん、パートナーとよく話し合うことが前提ですが、少し別に暮らすなどすれば、お互いに自分自身を見つめ直すことにもつながり、義両親の方から言動を改め、関係修復に努めてくれる可能性も大いにあります。

以下の記事には、義父母と同居するうえでの悩みについての解決法や対処法が詳しく掲載されています。ぜひチェックしてみてください。

関連した記事

義理親との同居に疲れる原因と解消策:ストレスを溜めこまない!

親との同居は、便利な反面トラブルも多くなります。 ...

2019年07月19日, 義両親(義父・姑)

同居を解消したい!義両親に使える理由3選:行動に出す前にすべきこと

別居していた時は旦那の両親との関係は良好だったのに...

2019年07月19日, 義両親(義父・姑)

義母との関係・悩みの対処法5選:適切な距離感が重要!

いつの時代も、嫁姑の関係は、その難しい距離感から悩...

2019年07月19日, 義両親(義父・姑)