想像よりも厳しかった・・・看護学校を辞めたいと思う理由

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

憧れの看護師を目指して入学した看護学校ですが、途中でやめたいと思う人は少なくありません。

どのような理由から、看護学校を辞めようと思うのでしょうか。

今回は、看護学校を辞めたいと思う理由についてご紹介します。

専門的な勉強についていけないから

看護学校を辞めたいと思う理由として、もっとも多くの声を集めるのが、専門的な勉強についていけないことではないでしょうか。

医学に関して多岐にわたる専門知識が求められる看護学校の勉強は、多くの看護学生が苦労しているはずです。

予想を上回る勉強量に対応できず、看護学校を辞めたいと思う人が多くいます。

実習がうまくいかないから

看護師になるためのカリキュラムとして、病院などで看護実習を行います。

実際の現場で思うように勉強したことをを発揮できなかったり、患者さんとトラブルになったり、実習記録をうまく書けなかったりと、実習がうまくいかない理由はたくさんあります。

また、指導教官との折り合いが合わないことを理由に、看護学校を辞めたいと思う人も少なからずいるようです。

学費が工面できないから

4年生の看護学校では、国公立で年間200万円前後、私立では年間200~300万円の学費がかかります。

看護学校を卒業するまでにかなりの学費が必要となることから、その工面ができず、やむを得ず辞めたいと思うことがあります。

学校によっては奨学金制度などもあることから、入学前に調べておけばよかったという意見が多く聞かれます。

他にやりたいことが見つかったから

一度は看護師を目指して看護学校に入学しても、他にやりたいことが見つかったために、辞めたいと思う人もいます。

看護の勉強をしていくなかで、他に突き詰めたい分野が見つかり、それを学ぶ学校に転校する人も少なくありません。

なかには、看護学校の勉強や実習がつらすぎて、「逃げ」として他にやりたいことを探す人もいるようです。

看護学校が厳しかったから

学生に対して、厳格な指導を行うことで、優秀な看護師を輩出しようとする意欲的な看護学校は多くあります。

しかし、先生からの監視や要求が厳しすぎるために、それに耐えられなくなってストレスに感じてしまい、辞めたいと思う人もいます。

将来の看護師に対する学校側の期待と愛情が、看護学生にうまく伝わらないために起こりがちなトラブルともいえるでしょう。

辞めたい理由の多くは「プレッシャー」か

いかがでしたでしょうか。

看護学校を辞めたいと思う理由は、看護学校が学生に求める勉強や実習、看護師としての資質に対して、その重圧に耐えきれないケースがほとんどです。

適度に遊びながら、学生生活を謳歌したいと思って看護学校に入学すると、厳しい指導が待っているため、そのギャップにストレスを感じることがあります。

また、幅広い専門知識や技術の習得のために、看護学生に求められる努力は、他の学生よりも多いと感じるかもしれません。

しかし、辞めたいと思う理由の多くは、自分の努力によって解消することができるため、看護師になりたい気持ちを強く持って、コツコツと努力を重ねていきましょう。

関連した記事

キレやすい人の原因と対処法:本気で相手にしないことが大切

あなたの周りにキレやすい人はいませんか?大したこと...

2019年07月19日, 人間関係

コンプレックスを解消する方法4つ:克服への近道は原因にあり!

誰にでもコンプレックスはあります。コンプレックスと...

2019年07月19日, 人間関係

悪い意味で責任を感じる・・・仕事を辞めたいと言えない理由7選

「毎日忙しいのに、こんな安い給料でやってられない!...

2019年07月19日, 人間関係