そんなことを言われても!無茶振りされた時の7つの対処法

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

相手に無茶振りされたとき、どのように対処しているのでしょうか。

いきなりの無茶振りに戸惑い、相手の言いなりになってストレスを溜めている人も多いはずです。

今回は、無茶振りされた時の対処法について紹介します。

相手が何を思って無茶振りしてきたか考える

まずは、相手が何を思って無茶振りしてきたか考える必要があります。

ただ単に何も考えずに無茶振りしてくることもありますが、無茶振りした相手の反応を試している場合もあります。

そうした場合、断るよりも引き受けるなどの反応をした方がよい場合がありますし、断るにしてもキチンと考えてから相手に伝えた方がよいでしょう。

相手が、そうした反応を見るために無茶振りしてきているのであれば、対応次第では自分に対する評価に影響することがあります。

全力で無茶振りに答える

無茶振りが自分に対する試練だった場合、全力で無茶振りに対処する必要があります。

どうしたら無茶な要求に答えることができるのか、考えて行動する必要があるでしょう。

また、どうしてもできない場合でも、その試練が結果よりもプロセスを大事にしているのであれば、やはり全力で無茶振りに対処する必要があります。

ただ、結果ではなくプロセスを大事にしている場合でも、結果を出すように努力する必要はあります。

他の人に相談する

嫌がらせによる無茶振りの場合、他の人に相談してみてはいかがでしょうか。

相手が上司の場合であれば同僚や先輩に相談し、相手が先輩である場合は上司や同僚に相談してはみてはどうでしょうか。

一人で抱え込んでしまっては、視野が狭くなり、解決できなくなる恐れがありますので、他の人に相談することで、解決策を見出すことができるはずです。

無理であることを相手に分からせる

できない要求の場合、理論的に無理な場合がほとんどですので、まずは理論的にできない理由を伝えてみましょう。

相手が無理だと理解していない場合には有効です。

しかし、相手が無理だと分かっている場合に、この対処法を使うと、相手の機嫌を損ねることに繋がるので気を付けましょう。

自分にはできないことを伝える

無茶振りを断るのには、自分の意思を伝えることも大切です。

無茶振りする相手も「この人なら断れないだろう」と思って無茶振りをしている可能性があります。

そうした場合、自分にはできないことをハッキリと意思表示することで、次からは無茶振りしてこなくなるかもしれません。

他の人に押し付ける

別の人に押し付けてしまうことも、無茶振りを回避するための方法の一つです。

「この人ならばきっとできるはずです」と言って、他の人に押し付けましょう。

ただ、この方法は押し付けた相手との関係を悪くする可能性が高いので、押し付ける相手をしっかりと考えてから押し付けましょう。

無茶振りした相手よりも上の立場に相談する

無茶振りした相手よりも上の立場の人に相談するのも有効な手段といえます。

当然のことですが、上に行けば行くほど権限が強くなります。

無茶振りした相手よりも上の立場の人が、無茶振りをやめるように言った場合、無茶振りはなくなることでしょう。

ですが、無茶振りがさらに上の立場からの指示だった場合、意味がありません。

また、自分の評価も下げることに繋がるので、この対処法を使う時は慎重になった方がよいでしょう。

関連した記事

[修羅場体験談~Vol.1]遠距離恋愛中の彼の元へ遊びに行ったら…。

<div style="background:#f...

2019年07月19日, 人間関係

出来れば乗りたくない…女性が電車を嫌いになる理由5つ

電車というのは近場でも遠くの場所でも、一気に移動す...

2019年07月19日, 人間関係

芯の強い女性になるための方法:強い女性は美しい!

女性の社会進出も進んできたことで、揺るぎない芯の強...

2019年07月19日, 人間関係