狙われたくない!痴漢被害に遭いやすい女性の5つのタイプ

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

毎日の通勤・通学中に痴漢や性犯罪の被害に遭うなんて、とても嫌な気持ちになるもの。何も出来ない自分に対して自己嫌悪感を持つ被害者も多いようです。

もしかしたら、あなたは性犯罪に遭いやすいタイプかもしれません。それを改善すれば、被害者になる可能性は減るはずです。

今回は、性犯罪被害に遭いやすい女性のタイプをご紹介していきます。ご自身に当てはまる項目がないかチェックして、明日から性犯罪とは無縁の生活を送りましょう!

単独行動している

友達同士でいる人を狙って性犯罪行為に及ぶことはあまり考えられません。被害に遭う女性のほとんどは、1人で行動をしています。

通勤・通学を誰かと一緒にというのは、なかなか難しいものです。四六時中誰かといるのは疲れますから、移動時間くらい1人で気楽に過ごしていたい気持ちもあるでしょう。

しかし、痴漢などの被害に悩んでいるならば、団体行動をとるのが有効的です。怖い思いをしてトラウマを背負わないためにも、自分の身を守ることを優先しましょう。

背後を警戒しない

それでも1人で過ごさなければならない時はあります。そんな時は、背後を警戒することを忘れないようにしましょう。

電車に乗る時に周りを見て痴漢がいないかを確認したり、人気のない場所では後ろを振り返って不審者がうろついていないか意識することは非常に大切です。早い段階で危険を察知することが出来れば、それを回避出来ます。

平和な日本ですから、今まで背後を警戒しなくとも身の危険を感じなかったという人も大勢いるでしょう。ですがそんな女性は、性犯罪者の格好の餌食となってしまいます。どうか厳重に注意してください。

声を掛けると反応する

親切な女性にとっては悲しいですが、道を聞かれて教えてあげたり、落とし物をした人に声を掛けられて一緒に探すという行為は、痴漢の格好の餌食となります。

性犯罪者の思考は大変短絡的で「声掛けに反応する=脈あり」となっています。こうした親切心が仇となる可能性もあるので、人気のない場所ではスルーした方が賢明かもしれません。

ヒールにスカートを履いている

「やっぱりね」という反応がありそうですが、意外にも「女性らしいから」「セクシーだから」という理由ではありません。確かに見た目にそそられることはありますが、それ以上に性犯罪者にとってメリットがあるのです。

それは「早く走れず、逃げられない」ということです。

最近はスニーカー女子も急増していますが、ヒール派も根強く存在しています。スタイルアップが図れて重宝しますが、走るのは大変です。スカートもパンツに比べると走るのが大変。性犯罪者は、その事を良く知っています。

夜道をスマホ歩きする

1人で歩いている途中、音楽を聞いたりSNSをして暇つぶしをしたい気持ちはよく分かります。

しかし、夜道は沢山の危険が潜んでいるもの。外部の音が聞こえない状況にあり、注意力が散漫になっているスマホ歩きの女性は恰好の標的となります。

そうした隙を上手く利用して犯行に及ぶのが性犯罪者です。だからこそ、夜間は常に周囲の状況を確認して安全を確保するよう心掛けましょう。

以上5つのタイプを紹介しましたが、あなたはいくつ当てはまったでしょうか。気を付ければすぐに改善出来ることばかりですから、被害に遭う前に早速取り入れましょう!

関連した記事

連絡先を知らないだけ?同窓会に呼ばれない時の対処法まとめ

昔のクラスメイトが一同に集まる同窓会。懐かしい面々...

2019年07月19日, 人間関係

鼻を触る人の心理5選:男性は嘘を、女性は本音を隠すサイン?

人の考えていることは、行動に現れるといいます。今回...

2019年07月19日, 人間関係

自分が嫌いでイヤになる人へ!自分を好きになる方法まとめ

自分の性格や容姿が嫌い。自分の欠点ばかり目について...

2019年07月19日, 人間関係