嫌なものは嫌!飲み会に行きたくないときの理由5つ

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

飲み会は嫌いだと言う人が多いのに、何故世の中にはこんなに飲み会が多いのでしょうか。

親睦を深めるなどと言うもっともらしい建前で開かれるのですが、他に手段はないのかと思ってしまいます。

ところで、どうして飲み会ってこんなに嫌なんでしょうか?

本当に腹を割って話せる友達ばかりならいいけれど、気に食わない奴や、本音で話せない連中が入り混じっているからですよね。

上手く誘いから逃れられる口実を考えてみましょう。

1.酒が飲めない

酒が弱い、飲めないから、行っても片身が狭いとストレートに言ってしまうのはどうでしょう。

もちろん口実ですよ。すると、ウーロン茶を飲んでればいい、無理に酒を勧めないからと返してきます。

今度はそれを逆手にとって、そうは言っても一杯だけとか、乾杯だけと注ぎに来る輩が必ずいると切り返してください。

そこまで言うと普通はそれ以上誘ってきません。でも、申し訳ないという気持ちは言葉で伝えましょう。

2.素直に行きたくないことを伝える

本当に飲み会のような場は苦手なので勘弁してくれと、本音を吐露するのはいかがですか?

見え透いた下手な口実やすぐばれるような理由をひねり出すより、さっぱりして気持ちいいかもしれません。

実際、飲んで騒いでと言う場が嫌いでしょうがない人がいるのも事実です。人それぞれ嗜好も違いますから、それを理解できないのなら、大人ではありません。

理解できないのなら、親睦を深める価値も、必要以上に親しくなる必要もありません。そこまで割り切って覚悟を決め、潔く本音を伝えるのも一つの考え方です。

3.資格を取る勉強をしている

資格を取る勉強をしているから、それまでは時間をとられたくないという口実もあります。

しかしどんな資格を、何のために取るのか、そのストーリーを事前に描いておかなくてはいけません。

この際、本当に資格を取る計画を立てて、目指してみるのも、いいかもしれません。瓢箪から駒になるかも・・ですよ。

趣味で天文学やってるから勉強する、なんていかがですか?ただし、勉学に励まないと、いちころで露見します。

4.金欠を理由にする

お金がないから行けませんと言ってみましょう。

貸してやるから行こうと返されるかもしれませんが、お金を借りてまで行きたくはないから、またの機会にと言ってください。

毅然とした態度で受け答えするのがポイントです。すると相手はそういう性格なんだと理解して、それ以上強くは誘わないでしょう。

じゃあ、お金があるときは行くのかと思われても困りますから、何か大きな目的があって貯金していて、当分は遊びに使えないとの話にしておけば大丈夫です。

5.禁酒中

病気ではないけれど、思うところがあって禁酒しているという口実です。

ちょっと意味深にしておくと、相手は勝手に想像を巡らせます。そしてあれこれと探ったり、鎌をかけてくるでしょう。

そんな時はのらりくらりと曖昧な返事をしておけば、よりいっそう意味深になり、謎めいてきます。それでOKです。そのうち相手も興味を失い、承知するでしょう。

次からは一応声はかけてくるでしょうが、そんなに積極的には誘わなくなります。

関連した記事

人生計画を立て方まとめ:自分にとって何が大切かを考えよう!

人生80年と言われてきましたが、近年の医療の発達も...

2019年07月19日, 人間関係

大人になってからの友達の作り方とは?友達を作りやすい場所もチェック!

<b>「知人のような人はいるけど、気軽に一緒に遊び...

2019年07月19日, 人間関係

面倒な関係を上手く乗り切ろう!女同士のおつきあいのコツ5つ

この世において人間関係ほど鬱陶しいことは無いでしょ...

2019年07月19日, 人間関係