塩顔より更にあっさり!今話題の「酢顔」の特徴とは?

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , デートスポット

しょうゆ顔、ソース顔という言葉をよく耳にします。 過去流行語大賞にもなったことがある言葉ですから、大抵の人が知っていることでしょう。

最近では、調味料系男子に新たなレパートリーが増えていることをご存知ですか? その名も、酢顔

時代の移り変わりとともに、調味料系男子の種類が増えていきますね。 今話題の酢顔にスポットを当て、酢顔男子の特徴などをご紹介します。

酢顔ってどんな顔?

近年、しょうゆ顔や塩顔といった、あっさりめの顔が人気を集めています。 その中でも、最近出現した酢顔に注目してみましょう。

まず、他のあっさり系の顔との違いはどこなのか?

酢顔は、日本人らしいというよりはアジア圏に多い顔といった印象を受けます。 塩顔にもその傾向はありますが、酢顔は更に薄く、あっさりしている顔です。

目は細めで色素が薄く、肌が色白な人だとより酢顔に近いでしょう。 よく言えばシンプルで落ち着いた顔ですが、一度見ただけじゃ印象に残りにくい顔とも言われています。

酢顔の有名人

実際に酢顔と言われている有名人の方をご紹介します。

有名なのは、BUMP OF CHICKENの藤原基央さんや、俳優の松田龍平さん。 たしかにどちらも、全体的に色素が薄く、シュッとした目元が特徴的ですね。

顔のパーツがシンプルだけどキレイというのも、酢顔男子の大きな特徴。 見ていて飽きがこない、安心するという声をよく聞きますが、確かに納得です。

ちなみに、酢顔よりもあっさり感の弱い塩顔の有名人には、俳優の田中圭さんや、フィギュアスケーターの羽生結弦選手が挙げられます。 酢顔と塩顔の線引きは難しいところではありますが、こうして比べてみると、なんとなくその違いがご理解いただけるのではないでしょうか?

色々な調味料系男子

最初はしょうゆ顔、ソース顔の二つに分類されていた調味料系男子の顔も、最近ではかなり細分化されています。

しょうゆ顔

ソース顔と共に、1988年流行語大賞を受賞した、調味料系男子の代表格ともいえる顔ですね。 線が細く涼しげな、日本人らしい顔のことを指します。

ソース顔

こちらもしょうゆ顔と同じく、有名な調味料系男子の顔の一種。 彫りが深く顔立ちがくっきりしている、しょうゆ顔と対照的な顔です。

ケチャップ顔

濃いけど、ソースよりどこか優しい印象が特徴のケチャップ顔。 顔立ちははっきりしてるけど、ソース顔より彫りが深くないイメージです。

砂糖顔

砂糖のように甘い、ラブリーな顔をした男子のこと。 ベビーフェイスと呼ばれる人が、砂糖顔にあたります。

マヨネーズ顔

砂糖顔と似て非なるマヨネーズ顔。 砂糖顔ほど甘い雰囲気の童顔ではなく、どこか少年っぽさが残っているところが特徴です。

塩顔

しょうゆ顔よりも、さらにあっさり顔の男子です。 目や輪郭がシャープで全体的に薄い、アジア圏特有の顔を思い浮かべていただくといいかもしれません。

酢顔

しょうゆよりあっさりな塩、その塩よりも更にあっさりとしているのが、酢顔系男子。 全体的にこれといった特徴がないのに、顔のパーツが整っている、なんとも不思議な魅力がある顔です。

時代によって人気の顔は変わる

濃い目の顔が好きな人、薄めの顔が好きな人…好みは人によって様々です。 昔は2種類だけだった調味料顔の種類も、上記でご紹介した酢顔などのように、年月を重ねかなり細分化されています。

それでも、時代によって人気のある顔というのは存在するもの。 近年の草食系男子の流行からもわかるように、最近は濃いめよりもあっさりした雰囲気を好む女性が多いようです。

昔は男らしいソース顔が人気でしたが、時代と共に女性の好みも変化しているのでしょう。 日本人らしいあっさりした顔の方が、日本人女性として安心してしまうのかもしれませんね。

薄い分、飽きがこないというのも魅力です。

関連した記事

無駄に仕切りたがる!きつい女と思われる発言と特徴8選

普通にしてるつもりなのに、何故か人が離れていく、避...

2019年07月19日, デートスポット

大人のいじめは陰湿でタチが悪い:いじめの特徴と対処法を紹介

昔からなくならない、いじめ。 子どもだけにあ...

2019年07月19日, デートスポット

危険度MAX!マウンティング女子の特徴6選

最近では「マウンティング」という言葉を耳にする機会...

2019年07月19日, デートスポット