部活の先輩へ手紙を書くときのコツ・注意点:お世話になった先輩へ!

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 部活

春は出会いの季節とともに別れの季節でもあります。特に部活動では先輩との別れがあるでしょう。今までお世話になった先輩にはプレゼントと合わせて手紙をあげることをおすすめします。 とはいっても、どのように書いたら良いのか、何を書いたら良いのか迷うこともあるかもしれません。そういったときの、コツや注意点を紹介します。

素直な気持ちを手紙に書く

先輩に対して素直な気持ちを書きましょう。よっぽどのことがない限り、取り繕う必要はありません。 先輩たちと過ごした日々がどういうものだったのか、楽しかったのか、助けてもらったのか、いろいろあると思います。もしかしたら喧嘩した日もあったかもしれません。それも良い思い出になったのではないでしょうか。 それらに対して自分はどう思ったのか、飾らない言葉で書いてみましょう。先輩もクスッと笑ってくれるエピソードだとより良いかもしれません。

先輩にお世話になったお礼

あなたの部活生活の中で先輩にお世話になった経験はたくさんあるのではないでしょうか。 何も知らないあなたにルールを教え、部の雰囲気になじむようにしてくれたり、実力を上げるために一緒に練習に付き合ってくれたり…。 そういったことを一つ一つ思い出すと、先輩にお礼を言いたくなりませんか?ぜひその思いを先輩に伝えましょう。先輩もうれしいと思います。 あなたなりの言葉で書いてみれば、きっとお世話になった先輩に伝わるはずです。

これから部活をどうしていくのか

先輩から引き継いだ部活です。あなたたちがこれからは先輩となって部活をリードしていきます。しかし、先輩たちはあなたたちがどういう部活にしていくか、期待を持ちながらも心配しているもの。 ですから、あなたたちはこれからどうしていくかを伝えることが重要です。 先輩を見習ってこういう自分になるように頑張りますとか、自分たちの代は先輩たちの築いたものを大切にしながらこうしていきます、という風に具体的に伝えましょう。 そうすれば、先輩たちは目標がある後輩に部活を任せて、安心して卒業することができるはずです。

激励をする

いままで部活動で一生懸命頑張ってきた先輩は、きっと進路を決めるためにも頑張ったはずです。引き継ぐものは、部活だけではありません。 同じ学校の後輩として、先輩の頑張りを引き継いでいくのも、あなたがこれからやるべきことです。 頑張って次の進路を決めた先輩に対して、新天地でどう頑張ってほしいのか、そして、残された自分は、どう頑張っていくのか、そんな決意を書くことで先輩を激励しましょう。 もし、手紙を渡したい先輩が、あなたの目指す進路と同じ方向に進むのであれば、先輩は、あなたにとってとてもいい目標になるはずです。 その気持ちを素直に手紙にしてみましょう。先輩にとっても、あなたの言葉が励みになります。

似顔絵やイラストを描いてみる

どうしても文章で気持ちが表せないときは、似顔絵やイラストで先輩へ感謝の気持ちを伝えましょう。 先輩から言われ心に沁みた言葉や、想い出のワンシーンを漫画風に描いてみても楽しいでしょう。上手な絵でなくてもかまいません。あなたが一生懸命伝えようとした感謝の気持ちが伝わるはずです。

写真をコラージュしてみる

文章も書けない、イラストも苦手という人は、写真をコラージュしてみてはどうでしょうか? 部活で活躍する部員の写真がベストですが、なければ今から部室や体育館、グランド、ラケットやボール、どんな写真でもかまわないので撮影してみましょう。 時間的に間に合わないときは、好きなアイドルの写真をコラージュしたっていいのです。そこに一言だけ、感謝の気持ちが書いてあるだけで、あなたの気持ちは伝わります。

みんなで伝えてみる

あこがれの先輩すぎて、どうしてもひとりで手紙を渡す勇気が持てないときは、部活の仲間に声をかけてみましょう。部員全員でも、同期だけでも、仲の良い子だけでも、何人でもかまいません。 それぞれ便箋に書いてひとつの封筒に入れてもいいですし、サイン帳に書いて渡してもいいでしょう。時間がないときは色紙でもかまいません。 形式にとらわれすぎず、今の気持ちを伝えてみましょう。

関連した記事

バレた時のリスクも!部活を上手に休む3つの方法

学生といえば部活動です。部活を頑張る気でいても、時...

2019年07月19日, 部活

強制ではない!部活を辞めさせてくれない時の対処法まとめ

顧問に勇気を出して部活を辞めると伝えたのに、怒られ...

2019年07月19日, 部活

もう限界!!部活を辞める時の方法・相談の仕方5選

今まで一生懸命頑張ってきたけどそろそろ限界。 友達...

2019年07月19日, 部活