忘年会の意味や由来とは:正しい知識を身につけよう

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

年の瀬の恒例行事といえば忘年会ですが、普通の飲み会や宴会とどう違うのかご存知でしょうか。

そもそも、忘年会の発祥とはいつなのかを知らない人も多いです。

今回は、忘年会の意味や由来について詳しく解説していきます。忘年会の本来の意味や由来を知ることで、より有意義な忘年会を楽しむことが出来るでしょう。

鎌倉時代までさかのぼる

一説によれば忘年会の由来はなんと、鎌倉時代までさかのぼります。

貴族などの上級階級の人達がはじめた「としわすれ」という行事が起源だとされています。今のような飲み会という形ではなく、一晩中和歌を詠むような内容の行事でした。

江戸時代からは今のような忘年会に

現代のように、お酒を飲んで賑やかに楽しく過ごすような忘年会のスタイルが確立してきたのは江戸時代です。

庶民の宴会

江戸時代の庶民は、1年間にあった苦労を、労わったり忘れたりするために宴会を催しました。賑やかな雰囲気は、現代に通じるものがあります。

武士は新年会

武士は忘年会をやりませんでした。代わりに武士は新年会を催しました。

新年に新たな気持ちで忠誠を誓うことを趣旨としているので、お酒を飲んで騒ぐような催しではありませんでした。

明治時代に定着

忘年会が本格的に定着したのが明治時代です。

進学のために上京していて、年末に帰省をしなかった学生やボーナスがでたばかりで懐が潤っている官僚などが、忘年会を始めました。

文明開化とともに、この忘年会の習慣が定着していったのです。

夏目漱石の「吾輩は猫である」にも忘年会が触れられています。忘年会=無礼講といった趣になったのも、このころからだと言われています。

忘年会の本来の意味は

忘年会とは、1年間にあったことを振り返り、苦労を労り、疲れや嫌なことを忘れて、また新しい気持ちで来年も頑張ろうという趣旨で行われます。

忘年会のピークは12月です。いつもは会社の飲み会に参加しないような人でも、忘年会だけは参加するという人も多く、忘年会で年末を実感する人もいるでしょう。

無礼講は何をしてもいいというわけではない

忘年会は無礼講、という雰囲気になりやすいです。新年会は厳かな雰囲気になりやすいのに比べ、忘年会はやや砕けた雰囲気の宴会になりやすいのは事実です。

しかし、無礼講というのは「無礼を働いてもおとがめなし」という意味ではありません。簡単に言えば上下関係なく交流し、親睦を深めましょうという意味です。

この日ばかりは上司とタメグチをいっていい、バカにしていいという意味では全くありません。社会経験が浅い人は、間違えてしまいやすいですので気を付けましょう。

少し砕けた雰囲気だから、いつもは少し話しかけづらい上の人に挨拶をするよい機会だと捉えましょう。

忘年会の意味と由来を知って楽しみましょう

忘年会の起源は、鎌倉時代までさかのぼると言われています。鎌倉時代は、貴族たちの行事で和歌を詠むような内容でした。

江戸時代を経て、明治時代になると今のようなスタイルの忘年会になりました。1年を振り返り、苦労を労わりつつ来年に向けての英気を養うのが忘年会の趣旨です。

このことを意識すると、忘年会がより有意義なものになるでしょう。

関連した記事

ブサメンとイケメンを徹底比較:ブサメンでも彼女がいる人の特徴も紹介!

不細工な男性、通称ブサメンは、イケメンに比べれば女...

2019年07月19日, 人間関係

面白くなりたい人必見!つまらない話を面白くするコツ5つ

会話をしていて面白い人は、とても素敵に見えますよね...

2019年07月19日, 人間関係

引きこもり主婦の特徴7選:無気力状態から脱出する方法もチェック!

専業主婦は、もともと家にいる時間が長いことから、引...

2019年07月19日, 人間関係