接し方がわからないならこれ!子どもに好かれる母親の8つの特徴

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

子どもの心がわからなかったり、どう接したらよいのかわからない時はありませんか?

あるいは、子どもに好かれていないのではないかと感じるお母さんもいるのではないでしょうか。

今回は、子どもと良好な関係を築くことができる母親の特徴を紹介します。

子どもと同じ目線で話す

見下ろすように話すと、それだけでも子どもは恐怖心を持つもの。

子どもと話をする時はしゃがむようにするなど、同じ目線で話をするようにしましょう。

ゆっくりとわかりやすく話す

大人と同じように話をしても、子どもは理解できないことがほとんど。ゆっくりとした口調で話しかけることを心がけましょう。

子どもが「はい」か「いいえ」で答えやすいような問いかけをすることも大切です。

笑顔で接する

暗い顔は子どもが見ると怖い印象を持ちます。子どもと接するときは、できるだけ笑顔を絶やさないように心がけましょう。

しかし、母親だって人間ですから、疲れていて笑顔でいるのが難しい場合もあります。

その時は1度天井や空など上を見上げることで、気持ちを切り替えるのがおすすめです。

気分で子どもに接しない

自分の気分次第で、子どもへの態度を変えてはいけません。

イライラしていると、つい子どもに辛く当たってしまいがちですが、それを続けてしまうと子どもは親の顔色ばかり窺うようになり、いつしか心を開かなくなってしまいます。

ストレスが溜まった時は誰かに相談することや、ママ友を見つけることです。

子どもと母親を対象としたサークルなどを開催している地域もあるので、まずはそこに参加して、悩みを共有しどのように接したら良いのかを相談するのも1つの方法でしょう。

子どもの意見に耳を傾ける

子どもだから、何も分からないだろうと考えている人もいます。

しかし、子どもだって1人の人間。自分なりの考えを持っていますので、まずは子どもが伝えようとしていることをじっくり聞くことも大切です。

しっかり受け答えることで、子どもが親を信頼することができるようになります。

無理にプロの母親になろうとしない

親が親になることも、子が子になるのも、どちらも初めてのことです。専門家ではありません。ですから、素人の関係でよいのではないでしょうか。

人には、機嫌がいいときもあれば、虫の居所が悪いときもあります。そのため、お互いの態度に一喜一憂せず、互いに聞く耳を持ちましょう。そして、笑顔を忘れないようにしましょう。

親と子は、この世の中で全ての中心です。特別な関係といえます。この世の中心は親子であり、その周りに社会が成り立っているのです。

互いに笑顔で接し、聞く耳を持つことで、素敵な親子関係を気づくことができるでしょう。

「ダメ」とばかり言わない

よく「それはダメ」「あれはダメ」「そんなことをしたらダメ」など、ダメばかり連呼している親を見かけます。「ダメ」はダメなのです。

ダメばかりを言っていると、子どもは萎縮して何もできなくなってしまいます。それどころか、ダメとばかり言うあなたを受け入れることができなくなってしまうこともあるでしょう。

ダメというのは簡単です。しかし、まず子どもに考えるチャンスを与えてあげましょう。これはしていいのかな?ダメなのかな?というように。

自分で考え判断すれば、子どもは納得し、二度と同じ過ちは繰り返しません。そんな風に対応してくれるあなたのことも受け入れてくれます。

要は子どもも、一人の人間なのです。人権を認めてあげるような接し方を意識すれば、自然に受け入れてくれるはずです。

無理強いをしない

無理強いは、避けましょう。無理強いすれば、反発するだけです。上からダメだと無理強いして抑え込むのは簡単ですが、そんなことを繰り返せば、あなたに対して反発し、反抗するばかりでしょう。

まずは子どもを一人の人間として認め、人権を尊重し、その上で子ども自身に考えさせ、判断させることが大切になります。そうやってこどもは物事を覚え、判断し成長していくのです。

上から目線で無理強いして抑え込むのは簡単です。しかし、それは育児ではなくあなたの色に染めているだけではないでしょうか。

そんなことでは、子供の人格は形成されません。子どものために、くれぐれもそのようなことがないように心掛けましょう。

関連した記事

無音は辛い...音楽を聞きながら勉強するメリット・デメリット

勉強をはかどらせるために、音楽を聞く人は多いかもし...

2019年07月19日, 人間関係

自分探しの旅の前にチェック!自分探しの必要性について

本当の自分を探しに旅に出ます、そう言ってどこかへ旅...

2019年07月19日, 人間関係

寝てない自慢をする男の心理6つ:リア充に見られたい!

寝てないことを自慢する男性はよくいるでしょう。 ...

2019年07月24日, 人間関係