親不孝で後悔する理由4つ:素直になれないときは相談することが大切

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

親孝行は誰でもしてあげたいと思うもの。しかしそんな気持ちとは裏腹に、つい親不孝な行動を取ってしまったり親に嫌な態度を見せてしまう…という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?

どこか気恥ずかしい気持ちもありますし、素直に親孝行できるチャンスを逃して後悔をする前に、親不孝で後悔してしまう原因を4つ紹介して行きます。

親孝行ができずに悩んでいる方、親がどう思っているのか知りたいという方は、LINEトーク占いを試してみてはいかがでしょうか?お使いのLINEトークアプリで、直接占い師に相談できます。

初回は10分間無料で、その後も1分100円~とリーズナブルなので、ぜひ一度試してみてください。

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]

親不孝で後悔する理由4選

1.親と関係がギスギスしてしていること

親不孝な状態をずっと続けていると、親と関係がギスギスしてしまうことはよく見られます。親はいつまでも自分の味方と思っている人も多いものですが、酷い対応ばかりを取っていると、親との良い関係は崩壊してしまいます。

いつの間にか親と自分との間に溝が生まれてしまい、何をするにしても上手く話せない、一緒にいて何をすれば良いか分からないなど、親子であるにもかかわらず微妙な間柄になってしまいがちです。

2.親孝行する前に親が死んでしまう

親が健在のうちはつい安心してしまい、親不孝な行動ばかりを取ってしまう人は多いです。

しかし「親孝行をしたいときに親はなし」と言うように、いつの間にか親不孝の状態のまま、親は逝ってしまった…ということは非常に多くあるパターン。

親孝行できないまま親を看取ることになってしまうのは、一生後悔してしまうので、避けたいところです。

3.いざという時に親を頼りにできない

成人すれば親を頼りにするようなことはなかなか立場的にできないものです。しかし、人生の中にはいろいろなことがあるものですし、どうしても親を頼らなければいけない部分は出てくるでしょう。

しかし親子の関係は良くない状態でいると、親を頼りにできるような状況ではないことも多いでしょう。お金を工面してもらえない、実家に行けないなど、暮らしの中でさまざまな不利益が出てきてしまいます。

このように、何かあった時に頼ることができなかったという理由で、親不孝を後悔してしまう人が多いです。

4.冠婚葬祭の時に困る

冠婚葬祭は、自分の親や親戚と深く関わることの多いです。特に結婚式などのイベントには、親とのかかわりが重要なものになってくるでしょう。

しかし、親不孝を続けていると、冠婚葬祭の際に支援や協力をしてもらったり、話すことができないことも多くなり、後悔します。ずっと親不孝でいたせいで、結婚式で親との挨拶がうまくいかず困った、という話もちらほら見かけるものです。

冠婚葬祭は人生の中で何度か関わる大事なイベントの一つ。こういった機会で困らないよう、親不孝な人にはならないようにしましょう。

親不孝で後悔するきっかけまとめ

誰だって、親不孝になりたくてなっているわけではないでしょう。しかし、簡単には素直になれないため、親孝行できない人が多いです。

親不孝でいると、何か助けてほしいタイミングができても頼めなかったり、冠婚葬祭といった親戚や家族が集まる機会にとても気まずくなってしまいます。

また、親孝行をできないまま親が亡くなってしまった場合には、後悔はもちろん、やりきれない気持ちになることでしょう。親孝行できていないと思ったタイミングで、すぐに行動を起こすことが必要です。

今さらどうしていいか分からない、親の本音が知りたい、という方は占いを通じてヒントをもらってみてはいかがでしょうか?

LINEトーク占いは、電話占いとチャット占いがあり、電話以外に普段使っているLINEのトーク上から気軽に悩みを相談することができます。対面じゃないからこそ話せる本音もあるはず。

値段も1分100円~とリーズナブルなのが嬉しいポイント。初回の鑑定は10分無料なので、ぜひ一度試してみてください。

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]

関連した記事

すぐ飽きる人の原因と対処法:完璧主義が原因なことも

何か始めてもすぐに飽きてしまうという三日坊主の人は...

2019年07月19日, 人間関係

乾杯の挨拶をするときのポイント7選:声を大きくゆっくり話そう!

社会人になると、新年会など飲み会の行事に参加する機...

2019年07月19日, 人間関係

知らない男性に・・・!女性がお酒で失敗した時のエピソードと対処法まとめ

会社の飲み会や、はたまた友達とのお酒の席で、「失敗...

2019年07月19日, 人間関係