女性は感情的な生き物?感情のコントロール方法を紹介

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

男性が女性のことを、「女は感情的な生き物だ」なんて言っているのを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

感情的な生き物だと身近な男性に言われ、カチンとくる女性は多いでしょう。しかし一方で、思い当たる節がある女性は少なくないはずです。

今回はなぜ女性が感情的な生き物だと言われてしまうのかについて、そして感情を上手にコントロールする方法について紹介していきます。

なぜ男は女性を感情的だと思うのか

女性が感情的であると言われてしまうのは、女性は男性より自分の感情に素直になることができるからです。

女性は楽しいときは「楽しい」と、悲しいときは「悲しい」と自分の口で素直に言うことができ、また表情や行動で表すことが上手です。

一方男性はどうでしょう。男性が「楽しい」「悲しい」と感情を口にし、周りからその感情が分かるくらいの表情、行動をしているところを見ることは比較的少ないのではないでしょうか。

感情を表に出すことは良いことですが、一方で悪いことでもあります。

自分の感情に素直である女性は、感情に任せ相手を怒りすぎてしまうこともあります。感情的に怒る女性は手が付けられないと手を焼いている男性は少なくありません。

素直に感情を表に出せる女性は魅力的ではありますが、感情に身を任せすぎてしまうのは問題です。

感情をコントロールする方法

感情をコントロールする方法について紹介していきます。どのような方法で、感情はコントロールすることができるのでしょうか。

感情をコントロールする方法を身に付けることができれば、イライラして怒りっぽいという性格を治すことができるかもしれません。

深呼吸をする

感情をコントロールする方法として、最も簡単で、すぐに実践することができる方法が深呼吸です。

人はイライラすると呼吸が浅くなって、リズムが乱れてしまう傾向にあります。

そのため、深呼吸をして呼吸のリズムを整えることで、イライラを抑え感情をコントロールすることができるのです。

また深呼吸を意識して行うことで、意識が呼吸に行くようになり、イライラした気持ちと離れることも可能となります。

イライラした感情を抑えるために深呼吸をする場合、鼻から吸って口から吐く腹式呼吸を大きく5回するようにしましょう。

腹式呼吸をすることで自律神経が密集している横隔膜を上下に動かすことができ、副交感神経が優位になります。副交感神経が優位になるとリラックス効果が高くなるため、イライラとした気持ちを抑えることができるというわけです。

ポジティブな言葉で自分を誘導する

言霊という言葉があるように、言葉は強い力を持っています。

イライラした感情になっているときに「イライラしていない」「大丈夫」と自分で自分に声をかけるようにするといいでしょう。

人が周りに居て言葉に出せなくても、呪文のように心の中で唱えるだけでも効果があります。

睡眠をしっかりとる

感情をコントロールすることにおいて、睡眠はとても大切です。しっかりと睡眠がとれていないと、感情をコントロールすることはより難しくなります。

しかし、ただ寝ていればいいというわけではありません。良質な睡眠をとるようにすることを心がけるようにしましょう。

寝るときにはきちんと部屋を暗くして布団で寝る、枕を自分に合ったものに変えるということで良質な睡眠を得ることができます。

感情のコントロールがうまくできないという方は一度、睡眠環境を見直してみると良いでしょう。

運動をする

睡眠と同じように、運動も感情をコントロールするうえでとても大切です。

運動の中でも、ウォーキングやジョギング、サイクリングといったリズム感のある、規則的な有酸素運動が特に効果があると言われてます。

まとめ

感情的であると言われてしまった人や、その自覚がある人でも大丈夫です!良質な睡眠、定期的な運動を意識して行うことで、感情はコントロールすることができます。

ぜひ今回紹介した方法を実践して、自分の感情をコントロールできるようになりましょう!

関連した記事

ぽっちゃり女子とおデブは全然違う!ぽっちゃりの特徴と見せ方

ぽっちゃり女子とおデブの間には大きな差があります。...

2019年07月19日, 人間関係

女性が喜んでいると勘違い...痴漢をする男性の心理をご紹介

混雑している電車の中や、暗い夜道で痴漢に会ったこと...

2019年07月19日, 人間関係

男子から可愛く見える?マスク女子の魅力をご紹介!

ここ最近マスクを着用する女子が増えてきています。理...

2019年07月19日, 人間関係