引っ込み思案な人の特徴とは:恋愛傾向と克服方法を紹介!

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 性格・タイプ

引っ込み思案とは、積極的に前に出ることができなかったり、自分から行動することをためらう傾向にある内気な性格のことです。子供のころから内気な場合もあれば、社会人になってから次第に引っ込み思案になっていく場合など、人によって様々です。

では、この引っ込み思案な性格の人の恋愛事情はどうなっているのでしょうか?今回は、引っ込み思案の人の性格の特徴や、恋愛における傾向、その克服方法などについて詳しくご紹介していきます。

引っ込み思案の特徴

引っ込み思案は、子供のころからの性格である場合もありますが、ほとんどが様々な経験からくるものです。例えば、人前で笑われたり、怒られるなどの恥をかいてしまった経験や、過保護に育ったことによって自立心が欠けている、自分を過小評価していることが挙げられます。

幼少期からの経験などが原因で引っ込み思案が形成されていると、中々自分では変わることができません。また、友人づきあいや会社での人間関係につまずくと余計に引っ込み思案が悪化してしまうので逆効果です。

そういった経験が重なることによって、自分は価値のない人間だ、と過小評価することにつながり、より他者とのつながりを断とうとする動きが強まります。

引っ込み思案の恋愛傾向

引っ込み思案の人は、恋愛関係でも引っ込み思案を発揮する傾向にあります。人と話すことがとても苦手なので、異性との交流ももちろん苦手です。他者と関わらないようにしてきた経験の方が多いため、恋をしても気持ちを伝えることができません。

ちょっとしたアクションを取ることにも大げさになってしまうので、挙動不審に思われたり、嫌われるのが怖くて1歩を踏み出せずに終わる、ということも多くあります。そのため、恋愛もうまくいかずに諦めてしまうことが多いです。

しかし、引っ込み思案を克服することで、恋愛もうまくいくようになります。

引っ込み思案の克服方法

引っ込み思案の人でも、すぐに始められることがあります。それが、笑顔で挨拶するということです。なかなか難しいことではありますが、人間関係や恋愛関係を悪化させたくないのであれば必要不可欠でしょう。

良い印象を持ってもらうためにも、毎日しっかりと笑顔で挨拶することから心がけてください。うまく会話をしなければならない、など、無理に取り繕う必要はありません。

自然体で笑顔で挨拶するだけで、印象は変わってきます。相手やその周囲との関係を良好に保つうえで、最も大切と言っていいことです。

また、話すのが苦手な場合は、よく相手の話を聞いてあげるのも良いでしょう。そうすることで、口下手ではあるけれど聞き上手という印象を持ってもらえます。苦手なことを無理に活かそうとするのではなく、苦手なりにできることを考えるのがポイントです。

引っ込み思案を責めることはない

引っ込み思案は、一見内気で非常に弱い人を想像させますが、弱いわけではありません。優しく穏やかな人も多く、非常に魅力的です。ですから、自身が引っ込み思案だったとしても責める必要はありません。

自分のできないことを責めるのではなく、できることからコツコツやっていきましょう。笑顔見せることや、さわやかな挨拶を心掛けるだけで、印象は変わり、周りの態度も変わるのです。少しずつ変わっていくことで、環境になじむことができます。

また、引っ込み思案の人は自分を否定してしまいがちですが、そういったマイナスな行動を少しずつしないように心がけることで、他者から見える印象は変わってくるのです。

できることから改善し、引っ込み思案の人でも素敵な恋愛、人間関係を築いていきましょう。

関連した記事

やきもちをやく人の特徴とは?よくあるケースや心理についても紹介!

恋愛をしたことのある方のほとんどが経験したことがあ...

2019年07月19日, 性格・タイプ

オラオラ系男子の特徴:モテる理由やファッションも紹介

みなさんは、<strong>オラオラ系</stro...

2019年07月19日, 性格・タイプ

こんな人が常習者!忘れ物が多い人の4つの特徴

あなたの周りには忘れ物が多い人はいますか?忘れ物は...

2019年07月19日, 性格・タイプ