買い物依存症になる人の特徴は?その心理と克服法を紹介!

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 性格・タイプ

安くなっているからと衝動買いしてしまって後でいつも後悔する、という方はいませんか?また、後悔するとわかっているのに、何度も衝動買いしてしまい、支払いに困っている…という声もよく聞きます。

そうまでして買い物をしてしまうのは、実は「買い物依存症」の可能性があります。では、買い物依存症にはどのような特徴があるのでしょうか。また、対処法も含めて詳しく解説していきます。

買い物依存症になる人の特徴

買い物依存症になってしまう人は、引っ込み思案の人や、ストレスが溜まっている人、自己評価が低い人などが挙げられます。ストレスや人間関係の疲れなどを感じると衝動的に買い物を行ってしまい、心を満たそうとするのです。

しかし、その衝動は家に帰ると収まることも多く、買ったものを見て後悔したり、すぐに使わなくなることも多くあります。買い物依存症になる人は、常にストレスと戦っているのです。そのため、ストレスが溜まると買い物で欲を満たし、その後買ったものを見てまたストレスを溜めるといった悪循環に陥っています。

さらに、自分には価値がない、などと自分のことを過小評価したがる傾向の人も、買い物などを心の拠り所にするため、依存しやすくなる傾向にあるのです。こうした買い物依存症は、ギャンブルなどをやりたがらない女性に多く見られます。

買い物依存症になる心理と原因

買い物依存症になる場合、何か心の拠り所を探していたり、自分ではどうすることもできないストレスに悩まされている傾向にあります。買い物は、そういったどうにもならないストレスを一時的に忘れ、発散することができるのです。

また、近年買い物に出かけることなくネットで買い物を手軽に行える時代になりました。そのため、現金を利用することなくカードなどでショッピングをすることができるため、自宅でストレス発散がてら大量のものを購入してしまうのです。

買い物依存症は、買うものよりも購入するという行為に執着します。そのため、値段を気にすることなくどんどん購入する傾向にあるので、いくら使った、何を買った、ということよりも、購入したことに満足するのです。

買い物依存症の対処法

買い物依存症は、日ごろのストレス発散などで発症する場合が多いので、ストレスをほかのことで発散させることで買い物依存症を直すことができます。しかし、それは新しく依存できるものを探すということでもありますので、あまりおすすめできません。

カードなどの利用で取り返しがつかないことになる前に、しっかりと対策を立てる必要があります。まず、欲しいのか欲しくないのか、しっかりと考える習慣を身に付けましょう。そうすることで、むやみに購入するクセを直すことができます。

さらに、欲しい!という衝動に身を任せない努力を怠らないようにすると、自然と買い物依存症から抜け出すことができるのです。いったん落ち着いて冷静に考えることができるようになれば、買い物をすることから離れ、それが本当に必要なのか否かを判断できるようになります。

買い物依存症は精神の病気に近い

どうしても1人の力では解決できなかった場合は、カウンセリングに通うのも1つの手です。自分の力だけでは解決できず、ストレスが溜まっては余計に買い物依存症に拍車がかかってしまいます。

そのため、もしどうしようもなくなり、1人では解決できないと判断した場合は、迷わず病院に行きましょう。買い物依存症は、たばこ依存やアルコール依存症と同じように、精神的に少し弱っているとなかなかやめることができないものです。

考えすぎて悪循環に陥ってはさらに悪化し、支払いなどで大ダメージを受けることになります。そのため、1人で無理することなく、時には第三者の力を借りることも必要です。

関連した記事

「好きな色」が表す性格・恋愛傾向を解説

ふだん意識してませんが、色のもつ影響力ってすごいも...

2019年07月19日, 性格・タイプ

自己犠牲に陥ってしまう人とは?特徴と対処法を紹介!

自分の考えや主張を優先せず、周りの人のことばかりを...

2019年07月19日, 性格・タイプ

クールすぎ?他人に興味のない人の特徴と原因、対処法とは

他人に興味がない人とは、具体的にどのような人のこと...

2019年07月19日, 性格・タイプ