不幸自慢してくる人の心理と対処法5選:ただの自慢話?

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

不幸自慢をしている人は、それが不幸自慢だという自覚がないことが大半です。

話を聞いてもらいたい、注目を浴びたいと思うがゆえについ無意識に不幸自慢をしてしまうのです。

それがエスカレートし、過度になってくると不幸自慢をする人というイメージがついて周囲からも疎まれてしまうことになってしまいます。

自分自身も不幸自慢をしてしまっていないか振り返るためにも、不幸自慢をする人の心理を探っていきましょう。

不幸自慢する人の心理

なぜ無意識と言えども、不幸自慢してしまうのでしょうか。

不幸自慢する人の心理を5つ紹介します。

不幸自慢する心理は、理解してほしい現れ

不幸自慢をする人は「自分はこんなに苦労してきた、辛かった」ということを相手に理解してもらいたいのです。

「不幸だった=乗り越えた自分は偉い」と考え、自分自身に酔ってしまいます。

それを相手にも理解してもらいたいがゆえに、不幸な話を延々といろんな人にしてしまいます。

話を聞いてくれる相手がいなくなれば、また別な人に不幸自慢をしてしまうのです。

寂しがり屋で、構ってほしい

不幸を自慢する人は、寂しがり屋です。

「そんな苦労をして大変だね」とかまってほしいのです。本質が寂しがり屋であり、それと同時に自分には不幸以外に自慢できる点がなく、人気者になれないという自覚があります。

誰かと比較して強いコンプレックスを抱いていることもあるでしょう。

だから不幸自慢をする人は自分がどれだけ不幸なのかを自慢げに話し、相手から同調、肯定してもらうことでその寂しさを埋めています。

自分は他者とは違う存在だと思わせたい

不幸自慢をする人の中には自己肯定が強いタイプがいます。

常に「自分は他者とは違う存在であり、特別である」と自身のことを肯定するだけでなく、他人からも同様に思われたいという強い欲求があります。

その心理から、事実を誇張しすぎて不幸自慢話しをしたり、それを聞いた人から「人とは違う体験をしてきた人だな」と思われたいのです。

不幸自慢をする人が自慢話をするのは、話をうんうんと相槌を打って素直に聞いてくれそうな大人しい人を選んでいます。

自分の話をあしらったり、揚げ足を取るような人が苦手です。

不幸自慢しつつマウンティングしている

不幸自慢をすることで、相手にマウンティングをかけているタイプがいます。

不幸な話かと思いきや、よく聞いてみると実はただの自慢話しだったということがあるでしょう。

例えば「やたら男性と目が合う。自分ってそんなに変な顔をしているかな?」など自虐的に不幸な話しをしてくる人がいます。

これはそのまま「異性からモテている」というのを話すと嫌味になってしまうため、自慢話に聞こえないように不幸な話にすり替えているのです。

しかし自分としてはさりげない自慢のつもりですが、周囲からするとかえって嫌味っぽく聞こえてしまっていることがよくあります。

本当に同情されたい訳ではない

ただの自慢話しだけをしても反感を買います。

そこで不幸に見せかけた自慢話にすることで自慢話を和らげようとしている心理があります。

不幸自慢をする人は自分のことを悲劇のヒロインだと思い、本心では同情されたいと思っていないことがあります。

本気で同情されたり、話の内容に茶々を入れられるとかえって自分が惨めな存在として扱われたように感じて怒り出します。

「かわいそう」と本気で同情されることを嫌い、「不幸だけど、頑張っているね」「不幸だけど、とても魅力的だね」など不幸だけどそんなことを感じさせない存在でありたいと、承認欲求が強く現れています。

不幸自慢する人への対処法

不幸自慢をする人は極度の寂しがり屋でプライドが高く、自己肯定・承認欲求が非常に高いのが特徴です。

不幸自慢の話には適度に耳を傾けて、相手が不快にならない程度に適当に相槌を打ち、あまり感情移入せずに同調してあげましょう。

本当に距離を置きたい、関わりたくない人には「それはただの自慢話に聞こえるよ」とはっきりと指摘してあげてください。

相手がただ自慢したいだけであれば軽く受け流せばよいですが、自分のことを下に見てくるような不幸自慢はこちらの気分も害されますので、なるべく距離を置くことをおすすめします。

関連した記事

臆病を克服する方法4選:直感で行動してみよう!

気が小さくてちょっとしたことでもびくびくしてしまう...

2019年07月19日, 人間関係

「人に会うのが怖い」と思う原因と対処法まとめ:苦手な人とは会わない

たまに「人に会うのが怖い」と思って、急に外に出るこ...

2019年07月19日, 人間関係

要点は簡潔に!教授宛に研究室訪問のアポイントメールを送る時の注意点

大学の教授宛であろうと、ビジネスメールであろうと、...

2019年07月19日, 人間関係

いま話題の記事