音痴でもできるカラオケで盛り上げる方法まとめ

お悩み相談室編集部
公開, 更新 , 人間関係

コンパや飲み会の後の二次会でカラオケを利用する人は多いでしょう。カラオケでは、歌が上手い人のほうがモテるという印象がありますが、音痴の人でもモテるコツがあります。

音痴でカラオケに積極的に参加できない人でも、いくつかのことに気をつければ、周りの人から賞賛されることもありますので、その方法を紹介していきます。

音痴がカラオケに行く時に周りの人のポイントを稼ぐ方法

1.みんなのオーダーを聞く

カラオケに行ったらまず最初にドリンクを注文するでしょう。

そんな時に率先して、みんなのドリンクを聞いて回ります。そして、曲が終わったタイミングを見計らってドリンクやフードがなくなっている人のオーダーを聞いてあげると好印象を持たれます。

2.近寄って会話する

カラオケに行った時に会話をしようとすると、歌を唄っている音が大きくてなかなか相手が喋っている内容を聞き取ることができません。

それを逆に利用して、相手と近づいて会話をします。そうすると相手は距離感を詰められる事によって、つい意識してしまいます。

3.相手を持ち上げる

音痴の人がカラオケでモテるためには、歌っている相手を持ち上げることが大事です。

例えば、選曲した歌を自分も好きとアピールしてみたり、歌っている途中で合いの手を入れるなどして曲を盛り上げたり、あと曲が終わった後にさりげなく褒めてあげたりすると、歌っていた人から好感を持たれます。

4.デュエットする

音痴だからといってカラオケで何も歌わないというのは、あまり印象がよくありません。

そんな時は、自分一人で歌うのではなく、何人かで一緒に歌えるような曲を選曲すれば、あまり音痴な事を気にされる事もありません。またみんなで同じ曲を歌うという事で一体感が生まれます。

5.盛り上げる

何人かのグループでカラオケに行くと、よく盛り上げ役の人が出てきます。

盛り上げ役の人がいるのといないのでは、その場の空気が全然変わってきます。周りの人たちを楽しませる為にもタンバリンなどの小道具を使ったりして、盛り上げ役を買って出ることでモテるかもしれません。

6.楽しそうにする

音痴な人がカラオケでモテる為には、とにかく自分が一番楽しそうにしていることが大切です。

気になる人が歌っている曲のリズムに合わせていてくれたりすると、歌っている方は自分の歌に興味を持っていてくれていると感じてくれ、好感度が上がります。

7.モノマネをする

優しい人と同じくらい面白い人は周りからモテるものです。好きな歌手や芸能人のモノマネが得意なら、モノマネをして周りを楽しませるのもありでしょう。

少しくらい音痴でも、モノマネをしながら歌うだけで周囲は大盛り上がりです。モノマネが得意だと、どこに行っても「あのモノマネやってよ!」と周りからも楽しそうにリクエストされることも多くなります。

モノマネが上手な面白い人は、カラオケでも自然と周りから愛される人気者になれるのです。

8.流行りの歌をチェックしてリクエスト

カラオケでモテる人は、流行りの歌やみんなが盛り上がる歌をチョイスすることにも長けている場合が多いです。音痴で自分自身が歌えなかったとしても、周りに「〇〇歌ってよ!」とリクエストすることはできるのではないでしょうか?

歌に詳しい人は、カラオケでも上手く気が回せるはずです。カラオケは特に長時間になると、いつでもずっとハイテンションでいられるわけでもないものです。

時間帯によっては、まったりと楽しむときも出てくるでしょう。そんなときに歌に詳しければ、そのときのテンションに合った曲をチョイスして周りにリクエストすることもできるはずです。

自分自身の歌にあまり自信がないなら、カラオケで定番になる歌、流行りの歌などをチェックして周りにリクエストできると良いでしょう。

関連した記事

子ども作り方を聞かれたときの対処法:上手なかわし方を紹介!

「赤ちゃんはどうやって生まれてくるの?」子どもを持...

2019年07月19日, 人間関係

ブサメンとイケメンを徹底比較:ブサメンでも彼女がいる人の特徴も紹介!

不細工な男性、通称ブサメンは、イケメンに比べれば女...

2019年07月19日, 人間関係

生前整理の6ステップ:残された人のことを考えて断捨離しよう

「生前整理」という言葉を、最近よく耳にします。とは...

2019年07月19日, 人間関係

いま話題の記事