女が嫌いな女の特徴7選:話すのも嫌!!

記事の著者:therelateadmin

いつも悪口の耐えない女や、考えを押し付けてくる女がいたり。女性同士のトラブルは尽きないもの。そのような人は女が嫌いな女になってしまいます。

特に女性の多い職場や環境では、なかなか難しいトラブルやいじめにも発展しがちです。

ボス的な位置にいる嫌な女性、みんなから嫌われ嫌がられている女性、いつもイライラを当り散らす女性などは女から嫌われる代表です。

今回は、そんな女が嫌いな女の特徴について紹介します。

女が嫌いな女の特徴

女が嫌いな女には、いったいどんな特徴があるのでしょうか。

女に嫌われる原因はさまざまです。今回は女に嫌われる女の特徴を7つまとめました。自分は当てはまってしまってないか、照らし合わせながらみてください。

悪口大好き

これは男女問わず、嫌われる原因の1つです。

悪口しか口から出ないのではないか、という人に出会ったことがあると思いますが、やはり悪口を聞いている立場からしても、あまりいい気分ではありません。

さらに悪口は回りまわって、自分自身の評価も下げてしまいます。たとえ自分から悪口を言っていなくても、その悪口グループにいるだけ信用を無くしてしまうことにもなりかねません。

悪口は言っている本人にも周りにも悪いことをもたらすだけ。百害あって一利なし。なるべく悪口は言わないようにしましょう。

マネっこ

やたらと人のマネをしたがる女も、嫌われているタイプです。

ただ単に憧れられてマネをされる分には、決して悪い気はしないですが、それが段々とエスカレートしていって、全体的にマネをしてくる状態になってくると、嫌気しか感じません。

過度なマネっこはやめましょう。

自慢が大好き

常に自分の身の上や、恋人などの自慢ばかりしている女も嫌われています。

自慢話をしている側は、いい気分でしょうが、聞いている側は、どこか見下されているように感じたりするので、あきあきしてしまうでしょう。

自慢したい気持ちがあっても、グッと我慢することが大切です。

人によって態度が違う

女性同士でいる場では素の状態で振舞っているのに、男性が現れたら、すぐに態度を変える女もかなりの確率で嫌われます。

人を見て態度をコロコロ変えている女性は計算高いと捉えられて、マイナスなイメージで捉えられやすいです。

コロコロ態度を変えるような女性にならないよう、気をつけましょう。

すぐに泣く

女の涙は武器と言いますが、場所やタイミングなどを気にせずに、ところ構わずに泣いてしまうと、泣けば済むと思っている、というレッテルを貼られかねません。

確かに、泣いている人を見ると周囲は慰めたり、同情をしますが、女性からすると嫌味な行動としか見えていないようです。

泣いている本人からしてみれば、わざと泣いているわけではないですが、我慢できるようになりましょう。

空気が読めない

周囲の空気感が読めず、独特の行動をするということも、やはり嫌われる原因になります。

特に女性は秩序などを大切にする傾向があるので、少しでも周囲と違うことをしている女性がいれば、目の敵にしてしまう傾向があるので要注意です。

自分のルールを押し付ける

一般常識を守るのは大事。でも、それを必ず守れと押し付けるのは嫌がられます。

例えば、バリバリ朝から元気に働くのが良いといっても、体調や体質は人それぞれ。低血圧で朝は貧血になりやすい人や、妊娠初期でつわりがあるが、まだ職場に公表していないなど様々です。

特に女性は個々人によって、毎日の体調が違うもの。それなのにも関わらず、職場で毎日だるそうにして!元気にあいさつしろ!動け!と元気な自分の主張を押し付けて、相手にも強要するのは大変な迷惑。

職場全体の雰囲気も悪くなります。結局は、相手の事情や気持ちを思い測れないモラハラなので、気をつけましょう。

結局、嫌いな女には関わらないのが一番

学校、職場、ご近所など嫌な人はどこにでもいるもの。そして人間、どうしても性格が合わない人がいるものです。とはいっても、職場や社会で生きていくためには周囲の人と関わらざるを得ません。

ではどうしたらよいのでしょうか?基本は嫌な人には関わらないことです。腹が立っても、こちらから攻撃したり、あれこれ詮索することもやめましょう。

無視するのではなく、ある程度適度な距離を置き、広く浅く付き合うことが重要です。嫌なことはやらないのがいいのと同じことで、嫌な人には極力関わらない。そういった姿勢でいれば、毎日快適に過ごせるはずです。

また自慢話や空気が読めないなどが原因の場合、女性からだけでなく男性からも嫌われている可能性があります。心当たりがある人はぜひチェックしてみてください。