相性がいいのは2割!集団行動が苦手な人が意識するべき思考法

記事の著者:therelateadmin

学校だとクラスやサークルで集団行動したり、職場だとオフィスで集団行動をしたりと、学生でも社会人でも集団行動はつきものです。

集団行動に苦手意識があると思うと、今後辛いことが多くなってきますよね。

そこで、集団行動の苦手な人が意識するべき考え方や改善のしかたなどをお教えします。これで集団行動への苦手意識を克服しませんか。

自分の傾向を分析する

自分がどんなことが好きなのか、どういう状況が過ごしやすいのかというのを分析してみましょう。自分の傾向がわかれば、集団でいるときにどのように行動したらよいのかがわかってきます。

また、他人の性格もざっくりと把握しておくと、相手と会話するときに注意すべきことがわかり、よりコミュニケーションがとりやすくなります。

聞き上手になる

無理に頑張って話そうとするとのは、少し苦痛かもしれませんが、人の会話を聞くだけならできるでしょう。

最初は難しいかもしれませんが、うまく相づちができるようになると相手がたくさん話してくれるようになって、楽しめることでしょう。

そのうち、人の会話を聞いていることも楽しくなって、人との会話が楽しくなります。

無理に全員と仲良くなろうとしない

集団行動だからといって、全員と仲良くする必要がありません。

人間関係における「7:2:1の法則」というものがあり、7割は普通の人、2割は相性がいい人、1割はどうしても合わない人と言われています。

だから合わないからと言って物怖じせずにいろいろな方とお話をして、2割の相性の良い人を探してみましょう。

集団行動だからこその良い点を見つける

集団行動は自由がなく、気遣いが大変なだけだと思っていませんか?そのような嫌な気持ちを、集団でいろんな人と絡むからこその楽しみを見つけることでカバーしましょう。

大変でも、体育祭や文化祭などのように、みんなで成し遂げると達成感もあるし、いい思い出になります。

大人でもこんな体験ができるのは集団行動ならではかもしれません。

克服しようという気持ちを持つ

克服しようという気持ちがあれば、苦手でも少しはがんばろうと思えるので、不思議と集団行動もできるようになるかもしれません。

苦手だから嫌いだからといって、集団行動をしないと、どんどん苦手になっていきます。

まずは、行動をしてみましょう。苦手な方にとっては、最初は難しいとは思いますが、成長に一番効果的でしょう。