怖い時は相手の靴先を見ろ!怒られるのが怖い時の対処法6つ

記事の著者:therelateadmin

怒られることが怖いときあります。

相手にもよりますが、年中怒られることで馴れることもあります。

ですが免疫が出来てないと怖く感じるものです。

ひどくなると怒られることで恐怖心を感じ精神面で支障が起こります。

怒られることを怖いと感じないような対処法があります。

是非、試してみてください。

注意と考える

怒られていると思うと怖く感じます。

怒られているのではなく、注意されていると思います。

注意されていると言葉を変えるだけで柔らかく感じますよね?

「課長が呼んでいる、怒られる」

「課長が呼んでいる、注意される」とでは違います。

結果的に同じ内容であっても心の受け止め方が違うのでおすすめです。

気にかけられていると知る

怒られることは、気にかけてもらっているからです。

「コイツはダメだ」と思えば相手は怒りません!

怒る方もエネルギーが必要で疲れることです。

怒ってもらえることは愛情があるからこそです。

成長してほしい!と思っているから怒ってもらえるのです。

目を合わせない

相手に悪気がないにしても怒られていることは怖い!

そんなときはさりげなく目を合わせないことが良いです。

怒っているときは言葉よりも目が怖いときがあります。

とりあえず対処法として相手の靴先を見ることをおすすめ。

あきらかに遠くの風景を見てしまうと聞いていないように感じます。

頭を下げて相手の靴先を見ることで話を受け止めているように見えます。

言い訳をしない

怒られている時、怖いから思わず言い訳をすることはNGです。

余計に事態を悪化させてしまいます。

クレーム対処にも言えることですが、相手の言葉を遮ることは御法度です。

怒っている相手が落ち着くまで言葉を入れず聞いていましょう。

怒っている相手が全て話すと気持ちが落ち着いてきます。

怒られて怖くても、ただ相手が落ち着くまで我慢してください。

環境を変える

限度を超した言葉で怒られる方もいます。

普通の会社であれば怒られていても恐怖心は感じません。

ですが「死ね」「給料泥棒」「価値なし」等の罵声は違います。

これらの言葉はパワハラであり、嫌がらせです。

周囲が見ている前で罵声を飛ばし怒る行為に怖さを感じます。

そのような職場で耐えていることは意味がありません。体を壊してしまいます。

怒られることが怖いと感じたら環境を変えてください。

時が過ぎることを待つ

怒られることが怖い場合は時が過ぎるのを待ちます。

怖いという感情は素直に怒られた言葉を受け止めるからです。

怒られている内容を半分程度に聞いていれば良いのです。

怒られている時が過ぎることを待つ。

それくらい大きな気持ちでかまえることも大事です。

長い人生で誰からも怒られない人はいません!

怒られることは恥ずかしくないし、怖いことでもありません。