実は無関心なだけ?悪口を言わない人の特徴6つ

記事の著者:kenishida

腹がたつことがあると、ついつい悪口が口からもれてしまうことも。

悪口を言ってしまう人もいる一方で、全く悪口や陰口を言わない人もいます。そういう人は、とても信用できますよね。

今回は、悪口を言わない人の共通点を6つご紹介します。

1.ポジティブに変換

悪口を言わない人に共通しているのは、ポジティブ思考だということです。

普段の生活を振り返ると、愚痴が多くなってしまうのは、ネガティブなときですよね。

普通、いつでもポジティブでいることは難しいもの。

でも、悪口を言わない人はポジティブに変換するのが得意なので、落ち込んでいても、自然とポジティブ思考に持っていけるのです。

2.自信がある

心が満たされていれば、悪口を言いません。

自分に自信を持っていると、劣等感を感じにくくなるので心にゆとりがあります。大抵のことでは動じにくい人になるのです。

相手の悪口を言ってしまうということは、ある意味その人に心を占領されているようなもの。

悪口を言わない人は、他人に心を占領されない強さとゆとりを持っているといえます。

3.聞き役に徹する

グループ内で、誰かの悪口大会が始まったとき、仲間外れにされるのが怖くて、ついつい悪口に便乗してしまうこともありますよね。

しかし、悪口を言わない人は、そういうときも便乗しません。自ら悪口を発信することはなく、あくまで聞き役です。

同意を求められても流せる強さを持っています。

4.実は無関心?

悪口を言わない人は、ある意味他人に無関心です。

他人に関心を持っていなければ、悪口のネタも思いつきませんよね。

その人のやることが気になってしまうから、悪口を言うのです。

この場合、悪い意味ではなく、あくまで良い意味での無関心ですよ。

5.周りから好かれている

悪口ばかり言う人って、信用できませんよね。裏で自分の悪口も言っているのでは?と疑ってしまいます。

一方、悪口を言わない人の周りからの信頼は絶大です。

聞き役であることも多いので、友人が大勢いる人が多くなります。

6.良いところを見つける

人間なら誰でも、良いところや悪いところがありますよね。悪いところばかり見ていたら、悪口も言いたくなります。

悪口を言わない人は、相手の良いところを見つける天才です。

相性の良し悪しはありますが、「この人とは性格が合わないな」と感じても、悪口に発展することはありません。

その人の個性として受け止めているのです。