男に媚びすぎ!イラつく女の7つの特徴

記事の著者:therelateadmin

世の中には、周囲をイラつかせることに関してだけは天才的な女がいます。

しかも当人は自然にそれをしているのですから始末に負えません。

彼女たちの何がこれほどまでに周囲をイラつかせるのでしょうか。

今回はイラつく女の特徴について7つご紹介します。

友達sageで、自分ageな女

イラつく女は気になる男性を前にすると、友達の悪口を言いつつ、自分のいいところをめざとくアピールします。

アピールしたことに満足していますが、そんな魂胆に男性側も幻滅していることに気付きません。

自分を認めてほしい気持ちが強すぎるあまり、誰にも認められない寂しい女です。

他人の話に割り込んで、自分の自慢をする女

楽しく会話しているところに、呼んでもいないのに割り込んだかと思うと、自分の自慢を始めるのがイラつく女です。

もちろん、今まで話していた内容は全否定から入るので、余計にイラつかせます。

大した自慢話でもないのにドヤ顔で言うので、あとでネタにされることでしょう。

秘密を守らない女

誰にも知られたくない話を打ち明けたにもかかわらず、翌日に知れ渡っていることがあれば、イラつく女がバラした可能性が高いです。

秘密話はネタくらいにしか思っていないため、秘密を守りません。

仕事上でも守秘義務を果たさず、大きな損害を与えることも少なくありません。

聞こえるように悪口をいう女

イラつく女は悪口が大好物ですが、それを周囲に聞こえるように話すために、さらにイラつかせます。

悪口の対象となっている人はもちろん、周囲も嫌がっていることなんて、まったくお構いなしの態度を取ります。

それが原因で人間関係がこじれることもあり、やっかいな存在となるでしょう。

絶対に我を押し通そうとする女

自分が思っていることが絶対的に正しくて、それを周囲に強制しようとするのがイラつく女です。

融通が利かないうえにこちらの話も聞かないため、場の空気が凍り付くことも少なくありません。

もちろん、うまくいかなかったときには「周りのせい」にされ、さらにイラつきます。

気になる男性や上司に媚びを売りまくる女

上目遣いやボディタッチなど、気になる男性や力のある上司に媚びを売りまくるのがイラつく女です。

そうでない人に対しては、毛嫌いするように接したり、話しかけても無視したりすることでしょう。

あざとい態度を見抜かれていることに気付けず、周囲に敵を増やしています。

上から目線すぎる女

店員や後輩、部下などに対する態度が必要以上に上から目線な女は、周囲をイラつかせます。

ときには、先輩や上司に対しても上から目線な態度を取るため、はれ物に触るように扱われます。

思い通りにしたい欲求が強すぎるため、命令口調や説教じみた言動も目立ちます。

「自分」を押し付け、認めさせたい欲求のかたまり

いかがでしたでしょうか。

イラつく女は、根本的に周囲から自分が認められていないのでは、という心理が強くはたらき、自分を認めさせようとしてきます。

しかし、その人の評価は自分自身がするものではなく、日ごろの言動を見ている周囲がするものです。

強すぎる周囲への自己承認欲求が、逆効果になっていることに気付けていない女が、イラつく女だと言えるでしょう。