無音は辛い…音楽を聞きながら勉強するメリット・デメリット

記事の著者:therelateadmin

勉強をはかどらせるために、音楽を聞く人は多いかもしれません。

しかしこの勉強中に聞く音楽はいったいどのような効果があるでしょうか。今回は勉強時の音楽のメリットとデメリットを紹介します。

最後には、勉強中におすすめの音楽も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

勉強中に音楽を聞くメリット

疲れにくくする

勉強をしているとやはり疲れがくるものです。しかし音楽を聞いていると疲れるどころか、普段より集中力が保てるようになります。

音楽を聴くことによって話し声などの雑音が聞こえなくなるので、ずっと勉強だけに専念できるのです。何か集中して取り組みたい科目がある時には、音楽を聴いて勉強をすることをおすすめします。

勉強が楽しくなり、記憶力もアップ

勉強は嫌なものだと思う学生も多いですが、音楽を聴きながら勉強することで嫌だと思う気持ちが軽減されます。

自分の好きな音楽だとなおさら心地が良い時間になります。手術中に音楽を掛けているケースもあるように、音楽は人をリラックスさせる効果も。また、記憶力アップまで期待できるといわれています。

勉強をしている間だけは音楽を聞いてよい、とルールを決めることで、勉強を楽しいものにすることができます。

勉強がはかどる

計算科目を勉強するときには、ロックなどのノリノリな曲を聴くようにしましょう。計算科目は同じような計算を繰り返す作業が多くなるので、眠くなりがちですが、アップビートの曲を選ぶことによって眠さを打破してくれます。

ぼんやりしがちな朝や、疲れてきた夜の勉強にもおすすめです。

後ほど、勉強におすすめの音楽をより詳しく紹介するので、そちらを試してみてください。

話のネタになる

音楽が好きな人はたくさんいます。特に、勉強するときに効果的な曲を探している人は多いもの。おすすめの曲を話題にすれば、盛り上がること間違いなしです。

同じ曲ばかり聞いて飽きてきたら、友達や同僚のおすすめを聞いてみるのも、良い刺激になるのでおすすめします。

勉強中に音楽を聞くデメリット

音楽のために気が散ってしまう

暗記系の勉強をするときは、音楽を聴くことは時にNGになる場合があります。あまりに音楽に集中しすぎると、全然集中できなくなってしまい勉強がはかどらなくなってしまうことも。

この場合は楽器だけのサントラや、洋楽など頭に入ってこない音楽を選ぶといいでしょう。

無音の状態に違和感を感じてしまう

いつも音楽を聴きながら勉強をしていると、試験の時に違和感を覚えてしまう場合があります。ロックを聴きながら勉強をしていたのに、急に無音で試験に取り組むとなると集中できない、なんてことも。

そのため試験日の数日前から無音の状態で勉強をするように対策をとることが重要です。

耳が悪くなる?

ヘッドフォンやイヤホンで大音量の音楽を長時間きいていると、難聴になってしまう恐れがあります。スピーカーの場合は近所迷惑になってしまうこともあるので、いずれにせよ音量には注意しましょう。

自分ではそんなにうるさくないと思っていても、毎日聞いていると感覚がマヒしてわからなくなってしまいがちです。音量が小さくても、長時間きき続けるのは耳に悪影響です。

あまり神経質に考える必要はありませんが、頭痛がしたり、耳が痛くなる前に休憩しましょう。人が集中できるのは45分間で、15分の休憩をすると効率よく勉強できるといわれています。

勉強におすすめの音楽

勉強を始める時

これから勉強を始めるというときはテンションの上がる曲がおすすめです。1番好きな曲やロック、アップビートのものがいいでしょう。好きならばスローテンポでもかまいません。

勉強を始めたばかりのときはまだ頭が勉強モードに切り替わっておらず、だらけやすいからです。やればちゃんとできるのに、勉強に手をつけるまでに時間がかかってしまう……そんなタイプの人は多いかもしれません。

1番好きな曲を流すことで、意識を勉強にむけます。少しして頭が勉強モードに切り替わったら、違う曲を流しましょう。

暗記系の勉強をする時

勉強内容が計算ならそのままでかまいません。暗記系なら歌詞のないサントラや洋楽がよいでしょう。クラシックなどもおすすめです。

普段クラシックを聞かない人には、少し敷居が高いと思われがちですが、そんなことはありません。楽譜が読めなくても、作曲者の名前を知らなくってもいいのです。気軽に挑戦してみましょう。

クラシックならば著作権が切れてフリーになっているものが多く、いくつかはネットで視聴することができます。気に入ったら買えばよいのです。

真面目なイメージを抱く人が多いクラシックですが、実はたくさん種類があり、ロックのように激しいテンポのものもあれば、子守歌のようなおだやかな曲までさまざまです。

ぜひ一度きいてみてください。