何気ない一言が原因!親が嫌いな人の特徴5選

記事の著者:kenishida

最近では子どもと親がとても仲良しな人が多く、一卵性親子と呼ばれるくらい仲が良い親子もいるみたいです。

そんな中、自分の親のことが大嫌いという悩みを持っている人も多いみたい。

大嫌いでも親子の縁はそう簡単に切れるものではないので余計に悩んでしまうのだと思います。 そんな悩みを持っている人の特徴をご紹介します。

1.反抗期がなかった

子どもが成長していく中で反抗期というものは必要不可欠なものです。 自立というものを覚えるために反抗期が訪れます。 しかし、最近では親が甘やかしすぎたり、逆に厳しすぎたりで反抗期がこないという子どもが増えてきています。

反抗期がこないなんて楽で良いなんて思っていてはいけませんよ。 一度子どもへの普段の接し方を考えてみてください。

2.親が過保護

自分の子どもなのだから可愛くてしょうがないと思うのは当たり前です。 しかし可愛がりすぎていませんか?

可愛がりすぎて必要以上に世話を焼いたりしていては子どもも成長しません。 子どもは親が思っている以上にしっかりしています。

あまり過保護になりすぎてしまうと重いと感じてしまい逆に子どもの方が離れていってしまいますよ。

3.自分を認めてくれない

どうせ子どもの考えていることだからといって、子どもの意見に耳を傾けないままでいると子どもに嫌われてしまうのも無理はありません。

子どもからしてみれば親が自分のことを認めてくれない。きっと自分のことを嫌いなんだという風に感知書きしてしまうかもしれません。

決めつける前に子どもの言い分にも少しは耳を傾けてあげてください。

4.干渉してくる

親がなかなか子離れを出来なくて子どもが干渉されていると感じてしまうことも多いと聞きます。

親としてはいつまでも頼られている、私が助けてあげないといけないと思いたいのかもしれませんが、子ども側からするとそれほありがた迷惑なだけかもしれません。

子どもが困った時には必ず親を頼ってくることになりますから、それまで大人しく待ったほうがいいかもしれません。

5.何でない一言が原因

子どもと喧嘩をしてしまうことはあると思います。 しかし突き放すような言葉を言ってしまうと子どもは非常に傷つき、下手をすれば大人になってもその言葉を引きずってしまうかもしれません。

子どもと喧嘩をしてしまうようなことがあっても、本当に子どもを傷つけるような言葉は言わないように注意しましょう。