平和に暮らしたい!近所付き合いを円滑にこなすコツ

記事の著者:therelateadmin

ご近所付き合いに悩んでいて、円滑にこなすコツを知りたい方は多いと思います。

今回は、ご近所付き合いを円滑にこなすコツをご紹介します。

是非、ご近所さんとコミュニケーションをとる参考にしてみてください。

挨拶をちゃんとする

人間関係は挨拶に始まり挨拶に終わります。

特にご近所さん、同じ町内会での行事をこなす時などに、初めて会話をする人もいると思います。

しかし、普段から挨拶をしていれば、案外円滑に物事が円滑にこなせることは、良く聞く話です。

必要以上に関わらない

近所付き合いを円滑にこなすコツは、お互いに必要以上に関わらないこと。

挨拶や立ち話、お土産を渡したり、何か助けが必要なときはお互い助け合う、といったことはごく当たり前のことですが、過剰に仲良くしていても、何か小さなことがきっかけで険悪になってしまう場合もあります。

毎日顔を合わせるので、一度仲がこじれるとお互いに生活しづらくなります。必要以上にプライバシーに深入りしないことが大切です。

夜の騒音に気をつける

アパート・マンションでは特に夜遅くの騒音はトラブルに繋がります。完全防音であればいいのですが、ほとんどの物件はそうではありません。

生活時間はそれぞれ違いますが、ほとんどの人は夜に寝ているので、眠りについて静かな時にはちょっとの音でも余計に響き、不愉快になってしまいます。

お子さんがいる家庭であれば、隣や上下の階の方に会った時に一言謝っておくと、ほとんどの方が「大丈夫ですよ。」と言って下さいます。それだけで印象はよくなります。

苦情は直接相手に伝えない

苦情を直接相手に伝えてしまうと角が立ってしまうことも多く、そこからトラブルに発展する確率もあがるので、苦情は直接相手に伝えない方が良いです。

たとえば、朝になると幼稚園バスとお母さん達のうるさい井戸端会議が始まり、昼間は小さい子達が道路で走り回り、自分の家の庭にも平気で入って来るという事で迷惑していたら、幼稚園に電話してバスのエンジン音と井戸端会議の苦情を伝えましょう。すぐに対応してくれるはずです。

また、マンションの管理人にも迷惑している旨を伝えましょう。保育園でカバーしきれない分の対応をしてくれます。