音漏れがひどくて寝れない!近所トラブルを招く原因11選

記事の著者:therelateadmin

ご近所付き合いをどう乗り切るかは、長年の人間の悩みですよね。

変な言いがかりをつけられたり、身勝手な言動でこっちが被害をこうむったりと、日々トラブルは絶えません。

そこで今回は、近所トラブルを招く原因をご紹介します。

今後のトラブルを防ぐ参考にしてみてください。

ペットの糞の処理をしない

犬や猫が糞を外でしたときに、飼い主が処理をしないと近所トラブルの原因になります。

隣の家の庭や玄関前に糞を残したままだったり、繰り返し同じ場所で糞をしたりしていると、汚れだけでなく、臭いも残るので大きなトラブルになります。

ごみの指定日を守らない

燃えないごみの日に燃えるゴミを出したりすると、回収されずにゴミだけ残って近所の人に迷惑がかかります。

指定ごみ袋(有料)をきちんと使って出してるのに何が悪い!と威張ったりする、身勝手で決まりを守らない人もいるようですが、ケンカして大事にならないよう注意しましょう。

ペットを野放しにする

ペットを家から出しているのも、トラブルになりかねません。

たとえば猫は、外に出ると飼い主の知らない間に近所の庭をトイレ代わりに使ったり、ゴミ袋を爪で破って中身を荒らしたり、勝手によその家の中に入って行く事もあります。

猫が嫌いな人は猫を見ただけで不快になりますから、外に出すのもいいですが、ちゃんと管理しましょう。

夜型の人の生活音

夜型の生活環境の人は近所トラブルへ繋がりやすいです。

たとえば暖かくなって来て、クーラーは使わずに窓を開ければ快適という時期には、夜型生活者の生活音やその他の騒音が聞こえてきます。

音楽をかけていたり、夜中の通話は、窓から外へ音が漏れて近隣住民の睡眠を妨害している可能性が高いので、気をつけましょう。

子どもを躾られていない

子育てを経験する間に必ず出会う、大人になりきれない親。

自分の子供は悪いことはしない、と信じ切っていて、「うちの子に限ってそんなことはしない!」と言い張るタイプ。

躾ができないので、その子供は大抵が小学校高学年までに近所でイタズラなど悪さを働き、回数が増す毎に近所トラブルに発展します。

噂好きでお喋り

男性でも女性でも、噂好きでお喋りな人間は大抵、ご近所トラブルを招きます。

誰かと道すがら会話をして、その時の話を、他のご近所の人に挨拶のついでのお喋りで話のネタの様に軽く話し、瞬く間に近所中にその人の家庭事情が広まって険悪になるということになるようです。

秘密や内緒話は守りましょう。また、不用意に他人に家庭の事情を話すのも、控えましょう。

排水溝のつまり

住んでいるマンションのベランダの排水溝が一部共有になっていたりすると、隣のベランダの排水溝が掃除をしていないと、ごみで流れが悪くなって、雨が降るとあふれた水が我が家のベランダまで浸水してくるトラブルも多いようです。

ピアノの音が漏れる

近所でピアノ教室をやっていたりすると、ピアノの音が漏れる事は多いです。

生徒さんのピアノの音はしょうがないと思うのですが、教える先生が一人で練習をしているのか趣味なのか、昼間からオペラ歌手になったかのような気分で大声で歌っている事も多いようです。

窓を閉めることもしないでやっていると、迷惑の一言。

煙草の煙

窓を開けると、となりの家からタバコの煙がち部屋に入って来て匂いがカーテンなどに着くのを嫌がる人は多いです。

タバコを吸われる際は、ご近所に煙が行き過ぎないよう配慮するのが良いと思います。

庭の木や花

隣の家が花好きで、バラや藤の花などがあると、バラなどは境のフェンスに巻き付けてあるため、とげが刺さることもあります。

さらに藤に至っては咲いているうちはいいのですが、枯れると枯葉が落ちて自分の家の雨どいに溜まり大変迷惑するので、ガーデニングなどをする際は、ご近所の迷惑にならないようにしましょう。

路上駐車

来客用の車を停めるスペースがない家の人が、来客時に家の脇に路上駐車をすることがあります。

しかし、その路上駐車によってご近所の方が車を停められない、もしくはいつものやり方で停められない(車の頭から車庫に突っ込む形でしか停められない)ことが何回か続くと、近所トラブルの引き金になるので、気をつけましょう。