太ってる人の特徴まとめ:不規則な生活が原因?

記事の著者:kenishida

ほとんどの人が太らずにスリムな体形を維持していたい、痩せてスリムになりたいと思っているでしょう。とはいえ、食生活を気にしていても、健康に気を使っていても太ってしまうことはないですか。

そのような人は、今回ご紹介する太っている人の特徴に当てはまっているかもしれません。もし当てはまっていたら、そこを中心に改善していきましょう。

太っている人の特徴とは?

太っている人にはやはり共通点があります。

今回は太っている人がよくやっている特徴をまとめてみました。当てはまる人は注意してみてください。

間食が多い

朝食、昼食、夕食の3度の食事の量が多くなくても、間食が多いがゆえに太ってしまう人が多いです。

特に、間食でカロリーの高いポテトチップスのようなスナック菓子などを食べてしまうと、より太りやすくなってしいます。

我慢できずどうしても間食したい場合は、低カロリーの食べ物や健康に良い働きをする食べ物を選ぶようにしましょう。

ダラダラ食べる

パソコンを操作しながら食事をとったり、テレビを見ながら食事をとるなど、何かをしながらダラダラと食べる人には太っている人が多い傾向があります。

理由としては、食事とは別のことに集中しながら長時間食事を続けると、知らず知らずのうちに必要以上の量を食べてしまうためです。

食事は、メリハリをつけることが大切です。

理由をつけて食べる

「お腹は減ってないけど、ご飯の時間だから」、「このまま残しておくのはもったいないから」など、その時々で何か理由をつけて食べる人は、結局食べ過ぎてしまうので太っている人が多いです。

このようなことにならないためには、毎日の食事をとる時間を固定させたり、スーパーで食べ物を必要以上に買わないようにすることが大切です。

目標がやたら高い

痩せたいからといって、目標をいきなり「20kg減量」などの高すぎる位置に設定してしまうと、ダイエットの途中であきらめてしまい、結局痩せることができずに太ったままになってしまうという人もいます。

高い目標をいきなり達成できる人は問題ないのですが、あきらめがちな人は低い目標の設定と達成を繰り返し続けることが痩せるための近道です。

朝はギリギリまで寝る

朝が苦手だから朝はギリギリまで寝て、朝食を食べなかったり、通勤途中にコンビニで菓子パンを買いそれで済ませてしまう人は太っている人が多いです。

朝食をしっかりとることは体温をあげることにつながり、脂肪燃焼を促進します。さらに午前中に体を動かすことは、その日1日の代謝を高くすることにつながるため、早起きはダイエットに重要な行為です。

カロリーの高いものが好き

カロリーの高い物や炭水化物が好きな人はやはり太る傾向があります。

お腹が空いたからといって、野菜や肉、魚などの栄養を取らずパスタや菓子パンを頬張っていませんか?

また喉が渇いたときも、痩せている人はお茶や水を買う人が多いです。

逆に太っている人は炭酸ジュースなど砂糖のたくさん入ったドリンクを毎回買ってしまう人が多いです。

太ってる人が手っ取り早く痩せるためには?

食生活や生活環境を変えたとしても、そんな簡単に痩せることはありません。

やはりそれなりの努力は必要です。しかし、厳しい食事制限やきつい運動でダイエットを行うのは辛いものです。

そこでおすすめなのが、痩身エステ!ミスパリのダイエットメニューでは、体組成計という独自の機械で体の部位別に脂肪量、筋肉量、水分量などのヘルスチェックをして、太る原因はどこにあるのか、科学的に探るお手伝いもしてくれます!

また食事面に関してもサポートをしてくれるので、痩身エステのエステ施術のみならず、あなたの痩せるお手伝いをしてくれるのです。

まずは厳しい食事制限やきつい運動でダイエットをするのではなく、プロの力を借りながら痩せやすい体を目指しませんか?