アベックって死語?使う年代や語源も紹介

記事の著者:therelateadmin

「アベック」という言葉を知っていますか。アベックは死語の一つだと言われていますが、言葉として流行った当時はよく使われていた言葉でした。

現代の若い世代にとっては、むしろ聞き慣れない言葉の一つかもしれません。初めて聞いたという人も多いでしょう。アベックはどんな意味の言葉なのでしょうか。

今回は、アベックの意味や使う年代、語源などもあわせて紹介していきたいと思います。

アベックの意味

アベックは「男女ペア」「二人で」という意味の言葉になります。当時は男女の恋人同士でいることをアベックということが多く、今で言うところの「カップル」と同じような意味を持っていました。

使われ方としては、「アベックが来た」「アベックで旅行に行く」などが正しいでしょう。

ただ、もともとの意味としては「二人で」という感覚なので、同性の友達同士のペアでも使えそうな言葉ではあります。しかし当時広まっていた意味合いは、恋愛関係にある男女ペアとして使われることがほとんどでした。

アベックの語源

アベックという言葉は今ではほとんど聞くことのない言葉ですが、アベックの語源とは何なのでしょうか。

アベックは「avec」と表記しますが、これは英語ではありません。実はアベックはフランス語で、意味としては「~と一緒に」に当たります。英語で言うところの「with」と同じです。

ですがフランスでは「アベックがいる」という使い方はしません。英語に置き換えると「withがいる」というようなニュアンスになってしまうからです。つまりアベックは和製フランス語にあたります。

アベックを使う年代

今では「死語」とされているアベックですが、実際にはいつ頃に使われていた言葉なのでしょうか。

アベックがよく使われていたのは昭和30年代頃のことです。今から考えると既に40年以上も前のことになりますので、確かに言葉として流行らなくなり「死語」と言われても頷ける話でしょう。

アベックという言葉を使っていた年代としては、今の50代以上の大人です。当時はよく使われていた言葉なので、50代、60代くらいの大人であれば皆アベックという言葉は知っています。

しかし言葉というものは常に変化していくものなので、特に流行った言葉は時代とともに変化していきます。やはり今はアベックという言葉を使う人はほとんどいないので、変わりに「カップル」や「ペア」という言葉を使うのです。

残念ながら、今アベックという言葉を使っていたら、「古臭い人」と思われてしまうかもしれません。

アベック以外の死語

ちなみに今では死語となってしまった言葉はアベックの他にもたくさんあります。アベック以外にはどんな言葉があるのでしょうか。

ナウい

英語の「now(ナウ)」をむりやり形容詞にした言葉で、ナウいという言葉が昔は流行っていました。今っぽい、今風の、という意味です。時代の最先端をいくようなおしゃれな人を褒めたりするときなどによく使われていました。

ですがナウいという言葉も昭和の時期には流行ったものの、平成になってからはめっきり聞かなくなり、今では逆にネタとして使われるほどの死語になりました。

チョベリバ

「チョベリバ」は知っている人も結構多いかもしれません。超ベリーバッドを略してチョベリバ、最悪な気分のときに使っていた言葉です。逆の意味としてチョベリグ(超ベリーグッド)もありました。

今チョベリグ、チョベリバなんて言ったら恥ずかしいくらいでしょう。それでもそんな恥ずかしい言葉が流行っていた時期が、本当にあったのです。

ドロンする

ドロンという言葉は、消えることやいなくなることを示します。そのため「私そろそろドロンします」というのは、「そろそろ帰ります」などの意味として昔はよく使われていました。具体的には飲み会などで先に帰るときなどです。

ちなみにドロンの由来は、歌舞伎で幽霊が消えるときの音だと言われています。今でも表現としてたまに聞くことはあるかもしれませんが、ドロンしますなんて言っている人は、少し年代が上の人か、昭和カルチャーが好きな人かもしれません。