人間の三大欲求には順位がある?バランスや抑え方も紹介!

記事の著者:therelateadmin

人間の三大欲求といえば、睡眠欲、食欲、性欲の三つがあります。

これらの欲求は、基本的に私たち人間が生きていくうえで必要不可欠な欲求だと言われています。

しかし、これらの欲求はすべて同じバランスや優先順位で起こるものではありません。三大欲求の中にも順位があり、気持ち良く生きていくためには、やはり適切な優先度を重視しながら三大欲求を満たしていく必要があります。

そこで今回は、人間の三大欲求の順位について紹介していきます。そのうえで欲求のバランスの取り方、抑え方などもあわせて考えていきましょう。

人間の三大欲求の順位

睡眠欲、食欲、性欲の三大欲求の順位について解説していきます。

これら三大欲求は確かに生きるうえで必ず必要なものですが、欲求として強く感じるのには順位があります。

睡眠欲

三大欲求で一番大事のものは睡眠欲です。

よくよく考えてみれば、人は眠らなければ生きていけませんし、もし眠らないという強い意思を持っていたとしても、長い間体が活動を続けていれば、自然と睡眠を求めるようになってきます。

そして眠らないと思っていた体も、やがては睡眠欲に耐えられなくなってくるものです。人が生きていくうえで当たり前に感じる欲求になります。

また、睡眠をある程度取っていなければ、体の健康のみならず心の健康にも悪い影響を及ぼします。

睡眠が足りていないと精神的なストレスがたまりやすく、不安や心配を覚えることが多くなるのです。睡眠は人間が健康に生きるうえで絶対に必要なものなのです。

食欲

2番目は食欲です。

睡眠と同じように、食べてエネルギーを得ることをしなくては、人は生命活動を維持してはいけないでしょう。餓死という言葉があるように、食欲をずっと抑えたままでは人は飢えて死んでしまいます。

また、食欲を満たすことで得られる心理的な満足感は強いもので、お腹いっぱい何かを食べることは幸せなことです。

食欲が満たされることで、人は不満などのネガティブな気持ちをポジティブに変えていくことができます。

睡眠欲と同じように、これらが満たされることで人は心身ともに健康でいることができるのです。

性欲

3番目は性欲です。

性欲も人が本能的に求める大事な欲求の一つだと言いますが、順位はやはり睡眠欲と食欲と比べると若干下がるものです。

食欲と睡眠欲が満たされれば、活動を維持することはできます。

しかし性欲は、元をたどれば人が子孫を作って繁栄していくための本能的欲求です。また、性欲が満たされることは人が人を求めて精神的な安心感を得ることとにも通じます。

三大欲求と言われるくらいですから、大事な欲求であることには変わりないでしょう。

三大欲求のバランス

これらの三大欲求のバランスはどのように保たれていることが望ましいのでしょうか。優先度としては睡眠欲、食欲、性欲の順番になります。

しかし睡眠欲と食欲は生命維持のために絶対に必要な欲求なので、もはや同立1位のように考えても良いかもしれません。

バランスとしては、しっかりと睡眠、食事をとったうえで、性欲は適度に満たしましょう。

三大欲求の抑え方

どうしても「眠い」「お腹が空いた」「性欲が溜まってイライラする」など、欲求が満たされないことでイライラすることは誰にでもあります。

三大欲求のバランスを崩さないためには、欲求をうまく抑えていく必要があると言えます。

おすすめなのは「自然な流れで集中してしまうこと」に身を任せると、気が紛れ、欲求を抑えるのがうまくいくと言います。三大欲求のバランスを保つのにも役立つでしょう。

例えば例として、接客などの仕事、パズルゲームなどが効果的だとはよく言われています。特に「テトリス」などのパズルゲームは簡単に注意をゲームの方にそらすことができるため、欲求の抑える効果があります。