回避依存症とは?原因や克服する方法を詳しく紹介!

記事の著者:therelateadmin

年々、人前でついいい顔をしてしまったり、寂しさを押し殺す反面、人との付き合いを渇望している人が増えています。人付き合いに距離を置いてしまう行動が、回避依存症です。

今回は、そういった行動をとってしまう回避依存症の原因や克服方法、彼氏との接し方などについてご紹介します。

自分では克服できないと悩んでいる人も、ぜひ克服方法を見て実践してみてはいかがでしょうか。

回避依存症の人は深い関係を避ける

回避依存症とは、深い人間関係の構築を避け、束縛などを非常に嫌う傾向にある人のことです。

回避依存の人は、理想が高く、仕事ができる人が多いので、毎日の辛さやしんどさ、人に良い顔をしなければならないという強迫観念によって、回避依存の傾向を強めています。

周りに良い顔をしていることが多いので、恋人の前や家庭では自分に都合が悪いことから逃げる傾向が強いです。

また、回避依存症が強くなってくると、周囲に対して依光主義を貫くようになります。自分について何も教えないことで、周囲との親密な関係を回避していくようになるでしょう。

そのように続けていくと、どんな問題に対しても根本的な解決を避けるようになってしまいます。

回避依存症の原因は責任感

回避依存症の人は、元来人に頼られる責任感の強い人が多いため、それに疲れてしまうことで発症する場合があります。周囲に対しては常に愛想良く接したり、頼られると応えてしまう優しい性格です。

しかし、トラブルが起こった場合などは人に押し付けたり、怒られること、責められることから回避しようとします。このように、頼られることに辟易することで、回避依存症の傾向が強くなってしまうことも。

恋愛関係では、自分が常に優位に立とうとするので、モラハラの傾向もあります。問題が発生すると全て彼女のせいにしようとしてくるので、注意が必要です。こういった場合も、頼られすぎたり依存されることによって嫌悪感が強くなり、回避行動を行いがちになります。

回避依存症の彼氏には応えない

回避依存症の彼氏は自分から連絡をすることがあるものの、こちらからの連絡には応えないことも多いです。そのため、返事を返さなかったり、急に音信不通になることも。

そういった場合は大体1人になりたい時で、意味はありません。また、モラハラ気味の言動を繰り返し彼女を突き放してくる可能性もあります。

ずっと一緒にいると、振り回されて疲れてしまうことも多いでしょう。そういう場合は、連絡を無理に取ろうとせずそっと見守ることも大切です。

依存しようとしたり、相手に頼りきりな状況を作れば作るほど相手は逃げていってしまうので、注意しましょう。

回避依存症の克服方法は自分を肯定すること

回避依存症になっていると、常に「こうでなければならない」という固定観念に振り回されている場合が多いです。

そのため、まずは凝り固まった感覚をほぐしていく必要があります。他者や自分に対して、高い理想をなくしていきましょう。

「人それぞれであることが普通」「違うからといって自分がダメになることはない」など、まずは自分を肯定していくことから始めることが大切です。

自分ができないことや無理すると判断したものは遠慮なく断り、自分らしさや他人の個性を享受することから、回避依存症の克服は始まっていくでしょう。

また、1人では不安な気持ちは、誰かに打ち明けることで楽になることが多いです。

身近な人に聞いてもらうのに抵抗感がある方は、LINEトーク占いを試してみてはいかがでしょうか。

LINEトーク占いなら、LINEのチャットや電話の機能を使って24時間いつでも相談することができます。

1分100円~という低価格で利用できるので、ぜひ試してみてください。

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]